« ビジターエリアにトイレはありません@アウェイ・ナビ予 東京戦 | トップページ | 帰ってきたクサカリマサオ隊・聖籠美化計画第10弾 »

2010年5月24日 (月曜日)

街の宝物温泉・西宮・双葉温泉

日○戦でやや鬱になったので、気分直しに温泉エントリを書こう。
貴章は馬車馬なんだから短距離スプリント走で使うな~ヽ(`д´)ノ)
 
浜田温泉からあがって、またまた西宮市の温泉銭湯へ。この日第3湯目である。


双葉温泉

 
●ナトリウム‐塩化物‐炭酸水素塩泉 (湧出温度44.7℃)
●410円 (銭湯料金に準ず)
●15~23時半  水休
●兵庫県西宮市分銅町2-28 ℡.0798-22-1067
 

 
Hiwada_2阪神本線西宮駅北口に降りて、三菱UFJ銀行の角を左折してR171号線を直進。写真の、「ひわだ酒店」の角で左折するとすぐ。交差点名は「城ヶ堀町北」。駅から徒歩で8分くらいだ。
(JRのさくら夙川駅からも徒歩10分くらいらしい)
このひわだ酒店さん、店の一部が立ち呑み酒場になっている。ちょっと中を覗いたら、ご年配の方々が阪神戦をテレビで見ながらコップ酒を飲んでいて、実にいい雰囲気。私も1杯ひっかけたい気分だったけど、空気読んで素通り。

 
Futaba外観はちょっとレトロな雰囲気のお風呂屋さん。でもまだ建物は新しいようだ。
歩道に面して、源泉が流されている(右下の写真)。ちょっと掬ってクンクンと匂いを嗅いで、気持ちを高める♪
駐車場は10台くらい。自転車もたくさん停まっていた。
中に入ればごく普通の銭湯の靴箱があって、フロント、かなりゆったり寛げそうなロビーがある。

脱衣場も広々していて、何か客層が若い。小さな子供連れが多かったからそう感じたのかな。若いお母さん同士が、「来年になったら男湯に入れさせなきゃいけないけど、1人で出来るんやろか…」などと話し合っていた。そういえば最近は「●歳過ぎの男児は女湯NG」と明記されたところが多いね。調べてみたら兵庫県は条例で7歳からダメだって! いくらなんでも早過ぎない? お父さんが一緒に行けない場合、7つの子を1人で男湯に入らせるの? うぅ~ん…(-_-)

 
Futaba2浴室に入ると正面に温泉使用のジェット浴槽と変わり湯があり、奥に温泉浴槽と水風呂、別料金のサウナがある。
内湯の温泉浴槽はいまひとつピンとこないのだけど、ここの露天風呂はピカ一だった。
岩組みで風情たっぷり、しかも10人以上は入れるようなゆったり感。そこにドバドバと惜しげもなく源泉が注がれているのだ。
なんたって、湧出温度が44.7℃と、加水も加温もしなくていい調度良さ加減。しかも毎分680Lという豊富な湯量。浜田温泉(650L)といい大箇温泉(650L)といい、西宮市はたいした温泉郷ですなぁ。3箇所とも湧出量がすごい。これが新潟市だったらあっさり地盤沈下しちゃいそうだ。

 
お湯は褐色透明で、ほんのり鉄臭たまご臭のさらりとした気持ちのいい泉質。浴槽内はちょうど入り頃の40~41℃くらいだろうか。ドクドク、ザーザーと温泉が掛け流れていく音を聞きながら、のんびりいつまでも入ってられそう。
ホントにいい湯だ。こんなお風呂を日常使いできる方々は幸せですよ。街の宝物だと思う。ま、阪神タイガースの次くらいに?

 
Ca3tsk49双葉温泉から出ると19時。あたりはもう暗くなっていた。ここから15分くらい歩くと、JRの西宮駅。その途中で、こんな店。
焼肉ね~。今期リーグ戦初勝利で気分がいいから1人焼肉もいいな、とは思ったんだけど、いまいちお腹が空いてない。というのはきっと、温泉に入りすぎてるからだ。
今さら心残りだわー。“てっちゃん鍋”がいまだに後ろ髪ひいてるわーー。
 
さ、〆の温泉に向かおう。


 
 
温泉名:双葉の湯     入湯日:2010.5.1





 
 
 
 
 
 
                      この他の「新潟県以外の温泉」を見る

|

« ビジターエリアにトイレはありません@アウェイ・ナビ予 東京戦 | トップページ | 帰ってきたクサカリマサオ隊・聖籠美化計画第10弾 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。