« 〆の1湯は高濃度・尼ヶ崎・つかしん天然温泉 湯の華廊 | トップページ | 咲花温泉の歓喜、てか、日本×カメルーン戦 »

2010年6月11日 (金曜日)

来た見た勝った、届かなかった…@ナビ予・アウェイ名古屋戦

アタマの神経痛wのためホームでの京都戦、大宮戦を病欠してしまったから、この試合はたとえ予選突破のメがあろうがなかろうが(体調次第で)行こうと思ってた。
で、体調も戻ったし、予選突破の確率は限りなく小さいけれどゼロではないという萌えな状況の中、クルマで名古屋に出撃どすえ。

というわけで、今回もハッシュタグ「#awaynow」のつぶやきから再構成してみる。
 
・5:32 AM Jun 9th
 おはようTGP広場。朝から暑いなぁ。これから名古屋に向かいます!
Nago4_2うちの人のお弁当もつくらなきゃいけなかったので、とりあえず4時頃起床。4時っあてもうすっかり明るいんだね~。
クルマは3人で行ったんだけど、改めて週末ETC割引ってデカい!と思い知った。懐かしや80年代の英米ポップスをプロモーションビデオ付きで楽しんだため、この日1日じゅうアタマの中でカジャグーグーの「Too Shy」が鳴り響いてた。

・8:56 AM Jun 9th 梓川SAでおやき食べた なう
 
・10:56 AM Jun 9th 恵那峡SA なう さすが平日、恐ろしいくらい空いてる
 
・12:29 PM Jun 9th 瑞穂に着いたがや なう
 
・1:18 PM Jun 9th 台湾ラーメンなう
 
・2:22 PM Jun 9th 猫カフェにお籠り なう この中でひと眠りするにゃ

Caj5ahwi Nago2
県スポから7時間で到着。瑞穂の駐車場から御器所に移動。猫カフェなーごなーごに行くためなんだけど、その前に手前の店で台湾ラーメン&ビール。いかにも台湾な味だったけど、もっと辛いほうが好きかも。
 
Nago1 Cambzw0j
なーごなーごには猫スタッフが十数匹。左の子はきっど、右の子はたる。DVDブックなどで有名なたわしちゃんを撫で撫でできて幸せぢゃ。まーくんのしっぽ動画は「nagonago.3GP」をダウンロード 、見れるかな? お尻ポンポンでしっぽニョロニョロ。癒されまくりだよっ、もう。
 
・2:30 PM Jun 9th
 あ、名古屋は暑いけど、さほど堪えるようなムシムシ感はないです。まぁ爽や
 か。
・4:58 PM Jun 9th ふぅ~~、風呂上がりに浴びる風が気持ちいいぜ なう

もはや夏の名古屋のお約束、パチ屋3階の温泉アーバンクアキャッスルへ。冷たい源泉浴槽で気持ちいい~~(’A`)
 
台湾ラーメンが前菜なら、猫カフェはパスタ、温泉はラザニア、そしてメインディッシュは試合なんである。
既にご存知と思うが、この日グランパスは組織だった応援は無し、捨てダンマク以外の幕もなし。G裏だけでなくメインもバックも幕がないのはかなり衝撃的だったなぁ。マイクラブだったら、G裏がなにをどう決めようが自分の幕はメインにちゃっちゃと貼っちゃうけれど…(いや、そんな想像すらしたくない。他所さまがやるのは否定しないけど自分とこなら絶対イヤ!w)。
 
グラサポのお友だちとお喋りしながら過ごす夕暮れの瑞穂は風が気持ちよくて涼しい。「ビジネスシューズでゴールを狙え!」も楽しかった。
 
・6:53 PM Jun 9th
 サブの選手紹介ビジョンが間違いだらけの中、名前を画面に載せてもらえな
 かった明堂のコールをすかさず出したktmr、サイコ~~! 名古屋さまは応
 援完全拒否のようです。わけわかめ。

ビジョンに表示されたベンチメンバーには三門が2人いてフミヤを隠蔽してたり、オオシが分身の術で明堂のスペースにいたり、めちゃくちゃ。紹介のアナウンスが終わるやいなや明堂コールを出したコルリの気遣いにはなまるです。
 
しかし、ホームチームの応援がない(といっても個人で声出しはあったようだし、いいプレイに拍手歓声はあった)アウェイ試合って、なんだかトレーニングゲームなのに空気読まずにマジ応援してるみたいでこっ恥ずかしい。
けど正直、気持ちよかった。
コルリから振られたコールだけでなく、「頑張れ」とか「しっかり~」とか「イイヨイイヨー」とか間断なく喚いてたので、2日近くたってもノドが重苦しくてたまんない。
たまんないといえば、試合のほうも、ボールへの行き方とか、体の当たり方とか、走り出す判断とか、アルビは全力、血眼になってる感じなのに、グラの選手たちはなんつーかまぁ…。
自陣ゴール前で危ないパスが通るのを、「あ゛~っ」、「誰が行くの?」てな感じで見守り、コースを開けてくれるトンデモプレーだけでなく、ボスッ! バフッ!とボールを蹴る音や体がぶつかる音などが聞こえ、選手たちの声まで聞こえ放題の公式戦。ステキに新鮮だった。
と同時に、なんかすごく非現実の世界に紛れ込んだような奇天烈な感覚にも包まれた。とにかく稀有な体験させていただきましたぁ。 
 
・ 7:58 PM Jun 9th
 いや~~、楽しすぎる ガンガン声出して後押しして行こう!…なんて珍しくテ
 ンション高いアテクシ てへっ

しかし、アルビの選手たちはよく走ってたねぇ。終盤になっても足がとまんない姿に感動したし、頼もしく思えた。
試合前に“アルビはどういう条件だと突破できるの?”などとフレンドリーに話かけてきたグラサポの男性がいたんだけど、ハーフタイムで側を通った時、鬼の形相でスタッフにゴロまいてたのを見た。君子豹変す、ですな。
八つ当たりはみっともないけど気持ちはわかる。今になって思うと、グラの選手はアルビをおちょくってたのか?と思うほどだったもの。本気出してない俺たちに勝って嬉しい?とでも言いたげみたいな。
孤軍奮闘してた千代反田氏は果たして何思う? そりゃマルシオミシェウさんのゴールは直接的には彼のミスかもしれないけど、周りの逆サポートの賜物(?)でもあるわけで。
試合から2日たって思い返してみると、そういう状態のグランパスから頂戴した得点がたったの2点というのも、ちょっと悔しいような気がしてきたなー。
 
でも、選手たちは本当にモチベーション高く、有機的に戦ってたんだ。その輝きは、たとえ予選突破を逸したとしても曇るものではないよね。
試合後、G裏にやってきた選手たちは一様にガッカリとした顔をしてたけど、私はハンズアップで拍手してニコニコめいっぱいの笑顔で迎えた。“2試合みれなくて寂しかったよ。今日はいい試合を見せてくれてありがとう!”ってね。

上に進めない事が悔しくないわけじゃない。私だってバンザイしたい気分じゃなかった。でも、層が薄い薄いと散々言われながらも、不在選手のポジションを淡々と埋めていくアルビ。強い時のアントラーズってメンバー全員がテレパシーで繋がってるんじゃないだろかってほどだけど、クロさんってそれを目指してるのね。選手を代表に招集されても、去年のPJのように抜かれても、残ったメンバーが同じ意識で戦いを続けることが出来る。それこそが、アルビみたいなビンボークラブの生きる道だから。
そんなこんなが一気にアタマの中を駆け巡り、悔しそうな選手の顔を見てウルウル。
相手が、アルビの対極に位置するチームだからなおさらさ。
きっと、京都戦もその意識の線上にあって、チャレンジしたけど失敗したんだな。
残念だけど、また積み上げていくしかないさ。…なんてね。
 
あ~、この試合はドアタマからラストまで、なんだかフィクションの世界の中にいるみたいだったなぁ。

・12:14 AM Jun 10th
 いやぁやっぱり名古屋に来てよかった。大好きな街だわ。ナビ予選がどうなっ
 てようと来るつもりだったし、後は神経痛との相談だったけど、めっきり快癒
 に近いとこまで来て、よかったよかった。今のアルビは「ONE」になっておりま
 すね。

アタマのてっぺんから足指の先まで神経がピシッと鋭敏に通った感覚の「ONE」。アルビはこれがないとね。
アタマといえば、この日、例の神経痛はほんの2、3発のみ。昨日は全く無し。今日も今のところ無しなので、まぁ全快ですかね。お騒がせいたしました。 
 
Cah7qbks試合後は正面口から外に出て、グランパスくんをぷにぷにしてきました~( ´_ゝ`)
これは、いわば食後のデザート。これがなきゃ豪華フルコースもフィニッシュしませんて。
観衆が少なかったこともあり、せっかくのグラちゃんも取り囲むファンは少なくて、独占出来まくりでしたとさ。4月のリーグ戦の時は湯巡りのため脇目もふらずとっととスタを後にしたので、今回はその分も上乗せしてこってり濃厚にサービスしていただいた。
ありがとうね、グランパスくん。やっぱりアナタはキング of Jリーグマスコットです。近い将来、ぜひご家族でセイゴローにいらしてくださいませ。
 
・2:19 AM Jun 10th
 柿崎まで来た~~! 縦に長い新潟県。先は長いが、通り慣れた道は良い
 ですわ。
 
・3:13 AM Jun 10th  クロクロクロクロクロクロ黒埼~~♪ なう
 
・3:49 AM Jun 10th
 帰宅途上で近所のネコさん2匹と遊ぶ。空はもう明るくなっている。帰着なう

コンビニで買い物して家までの道をトコトコ歩いてたら、知らないニャンコがすり寄ってきたので、荷物を置いて遊ぶ。すると、顔なじみ(?)のニャンコもやって来てゴロゴロ。路上猫カフェ状態である。幸せ~。
 
 
てなことで、あと1時間でW杯開幕戦なので、酔っぱらったアタマで大慌てで書き綴ってみました。きっと書き間違いやおかしな言い回しがあると思うので、後で気がついたら追記訂正しておくわん。
 
それでは皆さん、サッカーの祭を楽しみましょう!

|

« 〆の1湯は高濃度・尼ヶ崎・つかしん天然温泉 湯の華廊 | トップページ | 咲花温泉の歓喜、てか、日本×カメルーン戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/48603853

この記事へのトラックバック一覧です: 来た見た勝った、届かなかった…@ナビ予・アウェイ名古屋戦:

« 〆の1湯は高濃度・尼ヶ崎・つかしん天然温泉 湯の華廊 | トップページ | 咲花温泉の歓喜、てか、日本×カメルーン戦 »