« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土曜日)

モツ煮2杯+勝ち点1=若干幸せ・アウェイ鹿島戦【J特】

【事務連絡】
ヒガシとサヤカの2選手に寄せ書きと千羽鶴を贈ろうという動きが始まってます。詳細未定なようですが、鶴を折る方はとりあえず川崎戦くらいまでをメドにしてくださいとのことです。

 
またしても平日開催の鹿島アウェイ。しかも火曜日。
ニワカバスは当然催行できず、クルマに乗り合わせての参戦だった。
水曜ならまだしも火曜はないよね火曜は。でも、新潟交通さまのツアーは3台で、いずれも満席に近かったという。この日は関東アルビサポ主催のツアーバスも出てたんだよね。さて、えのきどさんはどんな手段でいらしてたんだろうか?
 
Ca8beot6 Cae2gja9左:こってり系右:あっさり系
 

続きを読む "モツ煮2杯+勝ち点1=若干幸せ・アウェイ鹿島戦【J特】"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木曜日)

【J特】ヒガシのいない聖籠練見&第12回クサカリマサオ隊出動

Cat94yv0_2今日のGK練習はAピッチの手前、ギャラリーの目の前で繰り広げられた。
白井コーチが次々とシュートを放つ。パネルのようなものが結わえ付けられたベンケイくんたちは、GKたちからボールの出どころを隠したり、ボールに変な跳ね返りを与えたり。
冬のキャンプで大きなケガをした高木がすでに復帰し、その練習をこなしていた。この時点でまだ私たちは↓の情報は知らなかった。
 
東口順昭の負傷について
悔しい。悔しいだろうなぁ。残酷だよね。
それでもやっぱりGKたちは我が身を投げ出してゴールを守るわけで、私たちはそれを応援するのみ。
かくなるうえは、高木の完全なる復活と、2種登録のヤスの急成長を祈ります。

続きを読む "【J特】ヒガシのいない聖籠練見&第12回クサカリマサオ隊出動"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水曜日)

【J特】真夏のクサカリマサオ隊発進!

いきなりですが、29日木曜、練習後に草刈りやります。

練習終了30分後くらいから作業を行います(推定11時~11時半くらい?)。
駐車場とフェンスの間の屋根のない「あずまや」のような場所で集合ですが、途中参加・途中抜けOKです。
参加していただける方は軍手・帽子・飲料水必携でよろしくお願いします。
30分程度の作業になります。

聖籠は新潟市内より幾分風の抜けがいい、とはいえ炎天下の作業です。熱中症になったらシャレになりませんので……
 ・他の参加者が頑張ってるからってガマンしない、ムリせず小休止。
 ・スポドリ等の水分補給は頻繁に。
 ・胃がムカムカする、アタマが痛いと少しでも思ったら即自主休憩。オレンジカフェ内に駆け込むなどして体温を下げてください。
 
↑これは厳守しましょう。ムリせずゆるく、が原則です。
参加表明等は必要ありませんので、都合があったらゆるゆるご参加ください。

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火曜日)

【J特】鹿島行ってきまっす!

平日アウェイはヒマ人におまかせあれ!

道中はツィッターでつぶやきます。
「#awaynow」のハッシュタグで見ると私以外のヒマ人さんのつぶやきが見れるでしょう。


ちなみに、私のアカウントは「socceronsen」でございます。

ではヒマ人の皆さん、カシマスタジアムでお会いしましょう(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金曜日)

独り占め最高!・十日町・二ツ屋温泉 鷹の湯

大地の芸術祭2009の会期は終わってるけど作品はまだ広い妻有の地に点在してる。
アントニー・ゴームリーさんの「もうひとつの特異点」も週末ごとに見れる。この作品があるのが、十日町市二ツ屋。ここに温泉があるって、つい最近まで気がつかなかった(^_^;)


 
 
二ツ屋温泉 鷹の湯

 
●単純硫黄冷鉱泉 (湧出温度20℃)
●350円
●10~20時
●新潟県十日町市六箇二ツ屋  ℡.025-757-8769
  http://www.takanoyu.com/
 

続きを読む "独り占め最高!・十日町・二ツ屋温泉 鷹の湯"

| | コメント (0)

2010年7月21日 (水曜日)

ジャズと蕎麦の日々

セレッソ戦翌日は、恒例の新潟ジャズストリートの2日目に。
そして、3連休の最終日は十日町に蕎麦を食べに行き、ついでにアートと温泉に親しむ妻有三昧だ。
Caenm9ia
普段あまり歩きたがらないうちの人と連れだって、古町歩き。ジャズストリートとか国際映画祭でもないとなかなかこういう機会ってないなぁ。
古町7番町からカミフルまで歩き、東堀に折り返して人情横丁本町市場というルート。折りからの猛暑で汗も出ないほどヘロヘロだ。人情横丁や本町は日曜は休みの店ばかりだからちょっと残念。
チャド」でタイめし食べたあと弘法大師さんを仰ぎ見ながら、ジャズを聴きに三越裏の「」に。
この弘法さん、大昔、我が家が父の転勤で新潟を出てから建てられたらしく、久々に遊びに戻ってみたらドドーーーン!とビルの合間に立ちはだかっていたというモノ。子供心にも「たまげた」というしかない偉容だった。今はあんまり上なんて見て歩かないけど、改めて見るとなかなかシュールですわね。

続きを読む "ジャズと蕎麦の日々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火曜日)

いいじゃないの幸せならば@ホーム セレッソ戦

Caiyxqd7_27月17日、梅雨明け。新潟の梅雨がこんなに早く明けるなんて驚きだよ。そしてやって来た猛暑。数日間梅雨寒が続いてたからなおさらキツかったわー。もうすっかり夏バテ状態です。
 
でも、暑ささえも嬉しい。
リーグ再開だ。愛するマイチームの試合にワクワクしたりドギマギする“耐え難くも甘い季節”到来だ。
アルビは勝つ。勝つに違いない。でももし負けたら順位がドンッと下がるよ、やだなぁ。…そんなことをいちいち気に病みつつも、朝からそわそわと荷物をまとめる。旅に出るわけじゃあるまいに、なんだってこんなに大荷物なんだろう…(^_^;) ダンマクがけっこうかさばるのよねぇ。あと、着替えなんかも持つし。

続きを読む "いいじゃないの幸せならば@ホーム セレッソ戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木曜日)

トロトロ? テュルテュル?その4・百花の里 城山温泉

トロスベ温泉を愛する皆さん、お元気ですか? 清川胎内広田ときて、おなじみ城山温泉。ここは某慎吾選手もお気に入りのスポットだったよね~。お休み処があって長時間滞在も出来る優良施設です。
 

百花の里 城山温泉

 
●ナトリウム‐炭酸水素塩・塩化物泉 (湧出温度29℃)
●700円
●10~21時(受付20時終了) 第3木休
●新潟県新発田市浦1040-1  ℡.0254-21-2626
  http://www.shiroyama-onsen.com/

続きを読む "トロトロ? テュルテュル?その4・百花の里 城山温泉"

| | コメント (0)

2010年7月13日 (火曜日)

選手デザインTシャツを褒める

Cauts66q_37/18からネットで買えるんですってよ、奥さま~♪
 
←これはオオシ先生デザインによるもの。お揃いの巾着袋が可愛くて重宝。
 
そして、何が気に入ってるって、このTシャツ、首の後ろのタグがないのです。
そのかわり、Cacur097これはシャツを裏返した状態。背中の切り替え部分の裏が別布で、完全にアルビオリジナルレーベルなの! 別布といってもシャツ本体と同生地なので柔らかくてガリガリしなくて、とても着心地いいよ。隠れたオシャレともいえるわねw
 
あ、それから、ウッチーTシャツなんだけど、写真では判らないと思うけど、背中にも模様があるの。あれはきっと、奥様と娘さん2人の分だわね。ふふふ。マイホームパパすぎだろ、ウッチー(ノ∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月曜日)

終わっても寂しくないお祭りってなぁんだ?・サマーフェスタ2010

何もしなくても朝3時25分に目が覚めてしまう日々も今朝で終わった。
W杯決勝は、特にどちらを応援していたわけでもなく、スペインの優勝も淡々と受け止めていたのだけど、金銀の紙吹雪が舞うなか杯を掲げるスペインの選手たちの喜々とした姿を見ているうちに、“あ~、楽しかった祭は終わったんだなぁ”という満足感・幸福感・寂寥感がこみ上げてきて、少しウルウルきた。
 
アナタ、そんな祭りの後の空しさ症候群に陥っていませんか!?
 
え? 私は全然ダイジョーブ(゚∀゚) だってアルビサマーフェスタに行ったもん!

続きを読む "終わっても寂しくないお祭りってなぁんだ?・サマーフェスタ2010"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日曜日)

笑うセイゴロー!

笑うセイゴロー!
北陸っ子のミョウギーさんが金沢カレーと抹茶チュロスを売ってるよ〜、の図。
頼りにならん男性陣を尻目にチャッチャと働くのはレディースの山崎円美選手?

セイゴローのコンコースを何周したかわからないくらい回り続けたので疲労困憊。今夜はW杯決勝戦に備えてもう寝ます。
サマーフェスタのレポは明日にでも〜ヽ(´∇`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金曜日)

トロトロ? テュルテュル?その3・広田鉱泉 奥の湯 湯元館

トロスベ湯は女性に人気っすね。いかにも美肌の湯って感じで。
こことか、ここは下越で評判のトロスベ湯だけど、今回のは中越。かなりテュルテュルきてます。滑って転ばないでね~。

 

広田鉱泉 奥の湯 湯元館

 
●単純冷鉱泉 (湧出温度13.8℃)
●500円
●10~20時
●新潟県柏崎市大字広田770番地  TEL. 0257-25-3500
  http://www.wing3.com/okunoyu/
 

続きを読む "トロトロ? テュルテュル?その3・広田鉱泉 奥の湯 湯元館"

| | コメント (0)

2010年7月 7日 (水曜日)

「はせ川」で天ぷら食べました

Ca9oro18天ぷらといえば、その昔、初任給で親を老舗の天麩羅屋さんに招待したっけ。まだフランス料理店とかなかった時代のことでございます。奢ったのはおまかせコースとかじゃなくリーズナブルな定食だったけどね。
 
そして現在。やっぱり天ぷら屋さんって少し気合いを入れておサイフにも余裕をもって訪れるところかも。
 
沼垂の「天ぷら はせ川」さんに行ってきました。
メタボな我が身を省みれば滅多に口にはしない天ぷらだけど、目の前で揚げてくれるさっぱりとした味わいは格別! 別腹! 極楽!
カウンター8席のみ。ご主人の手元が見える席に陣取って、旧友と酒を酌み交わし、至福の時を過ごしたよん。
 

続きを読む "「はせ川」で天ぷら食べました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月曜日)

夏の露天はウチワ持参で・燕温泉 黄金の湯

花文をチェックアウトした後、お土産屋を求めて燕温泉の温泉街を行ってみた。旅館などが道の両脇に数軒立ち並ぶその道はかなりの急坂。その奥に土産屋さんが2軒、向かい合って建っていた。
そして、そこから続く階段を見ると「黄金の湯」というノボリの文字が…。有名な無料の野天風呂じゃないですか。これは入らずに帰るわけにはいかないわっ。 


 
 
燕温泉 黄金の湯

 
●含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
●無料
●日の出から日没まで
●新潟県妙高市燕温泉
 

続きを読む "夏の露天はウチワ持参で・燕温泉 黄金の湯"

| | コメント (0)

日帰り湯治に行ってきました・燕温泉・花文

休みの日はどこか温泉でノンビリしたいけど、日帰り入浴施設は混んでるし、そうかといって旅館の昼食付き休憩はお値段が…。豪華なご飯なんていらないから、お風呂&部屋でゴロゴロしたいなぁ、と思ってたらこちらがヒットした。


 
燕温泉  花文

 
●含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(湧出温度43.5℃)
●女性500円(露天風呂有り)/男性400円(露天無し)
●11~20時
●新潟県妙高市燕温泉  TEL:0255-82-3136
  http://hanabun.com/
 

続きを読む "日帰り湯治に行ってきました・燕温泉・花文"

| | コメント (0)

2010年7月 2日 (金曜日)

叫ぶ聖籠・笑う聖籠 : 7/1練見しました

チームのW杯ホリデイが明けて1週間。
モバアルを見てるとさかんに、アルビはベテランも若手も壁がなく仲がいいと書いてあるけど、ホントなのぉと思いませんか?
練習レポなんて読むと、すごく熱い雰囲気で盛り上がっているように感じられるけど、それって大げさなんじゃないのかと思ってませんか?
 
今日はアルビレッジの草刈りをするついでに練見をして(←これは誇張でもなんでもありません)、それを自分の目で検証。あぁ、楽しかった。練見して笑いすぎて涙が出るってコレ、大丈夫なんだろうか?
 

続きを読む "叫ぶ聖籠・笑う聖籠 : 7/1練見しました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木曜日)

第11回クサカリマサオ隊出動記録

Ca461k6e_2昨日までの耐え難いジメジメ感はどこへやら、本日の聖籠は涼しい風が吹き抜ける、爽やかな日でした。
陽射しはえらく強かったけどね。
 
クサカリマサオ隊の日取りは雨天なら後日に延期ってことにしてあるのだけど、ここまで3年間、何故か雨が降ったことは一度もない。
っていうより、毎回これでもか!というドピーカンの晴天なのだ。キョーレツな晴れ男or女がいるな。
 
本日はここ。オレンジカフェの前庭。
広く平坦な場所はアルビレッジ側が草刈り機を使って整えてくれるので、私たちは機械が入らないプラタナスの根元のボーボーした部分や、選手通路フェンスのこちら側の植え込み部分の草藪をやっつけた。

続きを読む "第11回クサカリマサオ隊出動記録"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »