« 終わっても明るいって新鮮@ホーム 京都サンガ戦 | トップページ | ヤング・ヤング・ヤングALBIREX@アウェイ浦和戦 »

2010年9月22日 (水曜日)

生はやっぱりいいね

こないだ本町6番町のアーケードを歩いてたら低く静かにチェロの音がするので、あれれ?と思った。見ると、ナッツなどの自然食品屋台のお兄さんが弾いているのだった。
モール内ってBGMが流されていることが多いけど(古町あたりだとジャズとか)、楽器の生音、ことにチェロの音色はとても癒される。耳に心地いい。ジャマじゃない(←これが1番重要)。
 
Poster2010_s176x250_2さて、毎年恒例の新潟混声合唱団の定期演奏会に行った。今年は第40回記念公演だ。サポ友の渚さんがご夫婦で出演してるので、私もうちの人と2人でいそいそと音文へ。
最初のステージが星野富弘さん作詞の合唱曲だったので、星野さんファンのうちの人にとって掴みはOKって感じ。
 
第2ステージは聞き慣れたポピュラー曲コーナーで、なんと「翼をください」を客席の私たちが歌うという仕掛けもあり。
私はそーとー音域が低いので、テノールのような野太い低音で歌ってしまったわー。

メインイベントの「ミサ・ソレムニス」というモーツァルトのミサ曲には合唱団&ゲストソリスト4人に加え、新潟室内合奏団の弦楽器とピアノが入ってステージいっぱいの華やかさ。さすが40周年記念!
 
私は特に合唱が好きというわけでも、クラシックファンというわけでもないけど、コンサートは大好き。それは生音が堪能できるから。PAを通さない人の声や楽器のそのままの音は、波となって、直接カラダに響いてくる。その感触がたまんない。

合唱が面白いなぁと思うのは、人間もまた楽器になってるから。1人1人の歌い手がそれぞれの個性を秘めつつも楽器と化して指揮者のもとで声をだす。そのうえで、ハーモニーという固まりとしての個性を作り上げてく過程って、スリリングだわぁ。技術だけでは作れないし、意気が合ってるってだけでもダメ。両方がピタッと合う瞬間を味わうと、ハマっちゃうんだろうな。
セイゴローで「Let's go! Get Goal!」がスタンド全体から湧き起こってゾクッと来る感覚を思い浮かべてみてね)
 
というわけで、うちの人も楽しみにしてるので来年の演奏会も行きますよ。
でも、アルビの日程と重なったら躊躇なく試合を選ぶので、かぶせないでね~。

|

« 終わっても明るいって新鮮@ホーム 京都サンガ戦 | トップページ | ヤング・ヤング・ヤングALBIREX@アウェイ浦和戦 »

コメント

ご来場ありがとうございました!

出場5回目の定演にして、初めてアルビのホームゲームとかぶったのだった・・・
これまで不思議とかぶらなかったのだよねぇ
デーゲームでなかったのがせめてもの救いw

そうか、星野さんファンだったのですね。
歌以外でもいろんなとこでつながりがあるもんだなあ。

きてくれた近所の奥さんも
「会場で知り合いにあった」
って驚いてたけど、思わぬところで思わぬ人どうしがつながってたりして。
だから人生っておもしろいわ~

投稿: 渚 | 2010年9月24日 (金曜日) 13時48分

>渚タン
 
うちの人、意外と乙女趣味なのだ、韓流好きだしな~。
音文のホールを埋めたあの観客の中に、多分私の昔の同僚とかもいたと思います。

それにしても、「翼を…」の時、真後ろの人がすんごい朗々と歌いあげていてビビったw 

投稿: アイアン | 2010年9月24日 (金曜日) 22時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/49531663

この記事へのトラックバック一覧です: 生はやっぱりいいね:

« 終わっても明るいって新鮮@ホーム 京都サンガ戦 | トップページ | ヤング・ヤング・ヤングALBIREX@アウェイ浦和戦 »