« 平日アート独り占め・越後妻有大地の祭2010・2日目 | トップページ | 展覧会日和 »

2010年9月 7日 (火曜日)

フレッシュ! フレッシュ! フレッシュ♪・天皇杯2回戦ツエーゲン金沢戦

4c833560debb6いつの間にかアルビもJ1で7年目。対戦相手チームのユニも見飽きてきて新鮮味があまりない。
だから、こういう機会に未知のチームユニを見るとめちゃめちゃテンションあがるんだよねー。去年の、胸にせんとくんがついてる奈良クラブもそうだったけど。
ツエーゲン金沢のユニは赤。胸に「北國銀行」、ウキャーーー(≧∀≦) 個人的にすごくツボだ!
 
14:45頃の県スポ交差点の温度計が36℃だったけど、気のせいかな。てか、あそこのはいつも体感気温より2、3℃高いよね。
そしてこれは15時時点のEゲート広場。
試合の日時を間違えて来たかと思った。恐ろしいほど人がいない。陽射しが痛すぎて誰もが日陰に避難してる。外には総合案内所があるのみで、グッズや飲食売店は全てスタ内。

 
ま、前売り捌けたのが5000枚以下だったらしいので当然か。ということは当日で7~800人近く入ったのね。
この日はコンコースがゲートフリーだったので、スタ内に出店してる店を巡って、コンコース散歩。ぐるぐるぐるぐる3周はしたな。普段はあまりスタで顔を合わさない人々(主にN住人)にも次々と会う。なんて新鮮!
 
4c8343efde09b新鮮といえば、この日はビジターサポエリアに普通に入れたんだ。金沢サポさんがコンコースで決起集会的なものをやってる側をトコトコ歩くなんて新鮮この上ない。しかも、そのチャントがどこか聞き覚えのある……え?…これもしかして……聖子ちゃん…!? ざざざざ斬新だわ~! すごい気合い入っていて、耳がビリビリした。
赤と黒2本の加賀友禅のLフラッグも綺麗。
 
一昨年の秋、新潟で全社が開催された時、最高で5日連チャンで試合をこなすとか物凄い有り様を見て、“アマチュアクラブ侮りがたし…てか、むしろ恐すぎ” と舌を巻いてたので、ツエーゲンもこの猛暑下、中1日とはいえ走ってくるだろなーとは思ってた。
 
それにしても、スタンドに入ってピッチを見た時は戦慄した。
芝が……あのベストピッチ賞に何度か輝いた美しい芝ちゃんがハゲハゲのボコボコ。8月になってから、この辺はほんっとに雨が降ってない。ごくたまに降ってもほんの十数分で降り止んでしまうほどのショボさ。毎日スプリンクラーをかけ巨大扇風機で冷やしても追っつかないほどの猛暑のせいで、無残な環境となってしまったセイゴロー。しかも、驚異的に観客が少ない。バックスタンドなんか今まで見たことがないくらいで、数えられそうなくらいだ。ああ~、マルシオのご機嫌が悪くなるの、目に見えてるーー。今日はもう勝ちさえすればいいからケガ人だけは出さないで!
 
…とヘタレたことを考えていたら、ツエーゲン、のっけからすんごい特攻状態。
アルビは、受けて立つというよりは、受け身に回るという感じで、くぼっちの鋭いシュートを浴びたりと、やりにくそう。でも、私は千葉ちゃんを信じてますから。ダイスケも、見る見る落ち着いてくる。
イケイケなツエーゲンにあってひときわブンブンとうるさかったのが、アヤト。そりゃ燃えるだろうなぁ、セイゴローだもの。地元はチャリで来れる距離。きっとご家族や旧友たちも楽しみにしておられたんだろうに。当初から鼻に絆創膏してたけど、ケガは別の箇所? ひどくないといいね。
 
ハゲハゲの芝のせいか、単に噛み合ってないだけか、いつもの小気味いいボール捌きが見れないなぁ、なんかすごい欲求不満!、と思って前列の男の人を見たらうつらうつらとフネを漕いでいる! 選手には失礼なハナシだけど、ちょっと判る気がする。ま、ハーフタイムでクロさんの檄が入ってくるでしょう。
 
というわけで、後半はそこそこアルビの攻勢。でも、マルシオの機嫌が悪いわー。心配だわー。お願い、将軍、警告もらうとか要らんことしないで~。ダイゴも相手選手とやり合う場面があったし、「きゃ~~、落ち着いてっ!」の叫びが飛び交うスタンド。私たち、ポル語でも“落ち着いて!”っていうのを覚えておくべきだね。
 
予想された通り、ツエーゲンは後半に入っても懸命に走ってくる。
一緒に観戦したとりママさんとは、「ツエーゲンって大人な感じだね」と意見が一致。マルシオの防ぎようのないFKが決まった後も、気持ちでガタガタッと崩れる感じがなかったあたり、とてもしたたかな感じ。1発勝負に賭ける思いが充分伝わる試合だったんじゃないかな。
(わたし的には諸江健太選手がどストライクでした。でへへへへ…)
 
 
アルビはといえば、久々にスタメンで見る選手、本番で見てみたかった選手、じっくり見るのは初めてかもって選手、今回はそういう見どころが多かった。歯車のようにキレイに噛み合って回ってるだけじゃないアルビを見るのも新鮮だ。パスが通らなくても、意思疎通がイマイチでピンチを招いても、そこから個人個人がどうひらめいて、どう動いてくれるのかな。それがチームの成熟なんだろうから。
ゴールという結果は出せなかったけどケンゴはいろんな意味で面白かったし(笑)。あの、“ポスト選手大活躍”のシーンは悶絶したよ~。あと、マサルがシレ~ッと落ち着いたプレーっぷりで驚いた。ジョン・パウロが見れなかったのはちょっと残念だけど、クロさんJPを敢えてここで使わなくても力量は承知しているからマサルを入れてみたかったのかな~などと妄想。
 
試合後のMVPインタビューではマルシオから「観衆が少ない」というお小言を頂戴したけど、どうしたものか。シーパスホルダーだけどネットとかはほとんど見ないって人などにしてみたら、「天皇杯、そんなのあったの? それって冬やるんじゃなかったの?」くらいな感じかもしれないし…。どっぷりネット漬けの私は想像できないのだけど、アルビの情報ってネット抜きでどのくらい人口に膾炙してるんだろう?
 
 
メインスタンドのバンザイが済んでからダンマクを片付けてEゲート広場に出ると、やっぱり人少な~。県スポ駐車場を突っ切ってキューピットに向かう道では人っ子1人いなくて恐かったほど。
猛暑下、季節外れの天皇杯。来年はもう少しなんとかなるといいんだけどね。というか、中一日のチームと戦うなんてシチュエーションはカンベンしてほしい。
 
 
さて、ここに来てようやく雨が降り、気温もさがった。
今夜の代表戦でみっちゃんが華麗に登場して全国の茶の間にセクシービームをふりまくことと、セイゴローの芝ちゃんたちが土曜までに奇跡の復活を遂げることを祈願しつつ、雨中の散歩に行ってきまーす。

|

« 平日アート独り占め・越後妻有大地の祭2010・2日目 | トップページ | 展覧会日和 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/49379225

この記事へのトラックバック一覧です: フレッシュ! フレッシュ! フレッシュ♪・天皇杯2回戦ツエーゲン金沢戦:

« 平日アート独り占め・越後妻有大地の祭2010・2日目 | トップページ | 展覧会日和 »