« オクトーバーフェスト!@ホーム名古屋戦 | トップページ | ペルー料理おいしかった@アウェイFC東京戦 »

2010年10月21日 (木曜日)

シュー練の矛と盾@聖籠 & 第15回クサカリマサオ隊報告

朝は、そろそろ暖房器具出さなきゃなぁという感じだけど、これが9時半を過ぎると劇的に気温が上がって、陽射しがまばゆい。20日の聖籠は風がほとんどなくて、汗ばみはしないものの背後から陽射しを受けてモワ~ッとくる暖かさ。選手たちは暑そうだったなぁ。
 
この日は練習終盤しか見れなかったので、詳しくはモバアルの「聖籠日記」をどぞ。
 
で、全体練習の後の個別練習。
手前のゴールにヒガシヤスがかわるがわる立ち、左サイドにゴートク陽平、右サイドにフミヤがついてクロスあげ係。若手によるシュート練習だ。
ミカミョウアトムケンゴマサルムサシがシュート打つんだけど、これが、監督・コーチ・スタッフ陣完全バックアップのもとで行われてるのだ。ボール出しは監督。へぇ~、クロさんじきじきの熱血指導かぁ。
ちなみに、守備系の選手は奥の方で個別練習。
 
もともと上手い選手たち揃いなので、華麗なゴールがいっぱいキマる。
そこで、一緒に見ていたKさんがひと言。「これはアルビにとって、いいこと? それとも悪いこと?」

あ~、あぁ~~、そうですよね~~、GKからしたらね~。でもサッカーは点キメて勝敗を争うスポーツだから、とりあえずガンガンとゴールをきめてもらいましょうよ、という事で落着。
びゅーてぃふぉーなゴールにはギャラリーの私たちも思わず拍手。
クロさんが「うまいな…」と感嘆の声を漏らしたミョウの小技のきいたシュートや、絶妙なボディバランスから繰り出されるアトムのシュートなどなど。クロさんから褒められたらすごく嬉しいだろうなぁ。

アルビ
の居残りシュー練といえばこれまで、思うように決まらず「あ゛あ゛あ゛ぁ~~!」と呻くように叫ぶ声が定番だったけど、この日はあんまり聞かなかったね。クロス上げ係さんも乙!
そして思った。この中の誰がリーグ本番でゴールをキメてもフシギじゃないんだって。
今のアルビって、試合に出る見込みのないままサテでくすぶって…なんていう選手はいない。層が薄い薄い言われるけれど、だからこそ1人も無駄なく戦力として育ってきてる…よね?
 
若手シュー練見物だけで、ここまで妄想膨らんじゃいました。いや、妄想や願望なんかじゃなく、確信(…きっぱり?)
 
練習後のファンサポイントは、そんなにごった返すこともなく、和気あいあいムード。笑顔笑顔のみっちゃんは、たくさんの結婚祝いの紙袋を持ってクラハに入って行った。
うーん、次のご成婚は誰かな? 意表を突いて千葉ちゃんだったりしたら、私けっこうショックだわw
 
 
News_2395_1 さて、15回目を数えるクサカリマサオ隊
←ここの、クラハに入る手前のフェンス沿いをやっつけました。
雑草ボーボーというより庭木がモジャモジャだったので、樹形を整えるという“庭師”モードも入ったりして。
ちょきちょき、すぽすぽ。やはり3年目ともなるとベテラン大物雑草も少なく、作業が楽です。
私たちばかり楽しんじゃってゴメンね。

『草刈りせずに帰るけどゴメンね』という言葉をたまにかけられるけど、まったくもって問題無しです。むしろ恐縮です。もしそれを負担に感じられたなら、私たちこそゴメンね、ですよ。
クサカリマサオ隊はまったくもって“他人様にショッタレげだと思われたくない”という主婦根性と“聖籠は俺らの庭!”という野望のもとにやっているレクリエーションなので、たまに公式の広報ダイアリーで「ありがとうございます」なんて書かれるからって勘違いはしないぞっと。
 
んなわけで、やっぱりクサカリマサオ隊は組織化しないでゲリラ的にやっていきたいな、と思うのでした。

本日の「庭師」の皆さん、お疲れさまでした。

|

« オクトーバーフェスト!@ホーム名古屋戦 | トップページ | ペルー料理おいしかった@アウェイFC東京戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/49800963

この記事へのトラックバック一覧です: シュー練の矛と盾@聖籠 & 第15回クサカリマサオ隊報告:

« オクトーバーフェスト!@ホーム名古屋戦 | トップページ | ペルー料理おいしかった@アウェイFC東京戦 »