« セイゴロー部活魂@サポリン手芸部主催ニットカフェ | トップページ | 大つごもりの夜 »

2010年12月28日 (火曜日)

冬のお籠もり・雪見露天どうでしょう

お籠もりってどうなのよ、温泉なんて湯が良ければそれでいいし~などと温泉ヲタは思いがちですが、1年〆の忘年お泊まりは情緒も大事、静けさが大事。
Caxo4100
というわけで、ここですわー。
ふんわりとした新雪が積もって、見た目にも美しい。この景色が“キレイ~♪”と思えるのは今のうちですな。
ちなみにこれがこの冬初の雪道歩き。
クルマの中で慌てて防寒靴に履き替えたのであった。
玄関に辿り着くと、宿の長靴を借りて雪遊びに出て行く親子連れがいて、何か楽しげ。オシャレ~なデザイナーズ旅館とは違う“いなたい感じ”が溢れていてここは寛げるんだなー。
 

 
080820_173701upwardrightCa4widyy
やっぱり雪景色って綺麗だな。山の一軒宿なのでただでさえ静かなのに、音が雪に吸い込まれて恐いくらいの静寂。
080820_173702_2upwardrightCa8enjs8
敷地内の名物の吊り橋まで行くのも、冬は大変。ぜぜぜ絶対外になんか出ないんだからねっ。いや、シャレにならないくらい寒かったです。
080820_171002_2upwardrightCa6xj88u
そんな寒さの中なので、大好きな「深湯」は冷めないようにアルミシートで覆ってある。入る時は取って、あがる時にまたシートを掛けていくのがルールです。どんなに寒くてもこの浴槽の浮遊感を味わわなくては!
 
Casiivdf午後3時にチェックインして、夕・朝・昼食付きの23時間ステイ。
心ゆくまでお湯に浸かり、食事は肉系無しの控えめ内容、その代わりアルコールをたっぷりいっただっきま~すっ。
特にこのねぇ、ラウンジでいただく湯上がりのハートランドビールがウマウマ! メイドインの銅製タンブラーで飲む喉ごしはたまんない(≧∀≦)
 
肉無しとはいえ食事は山の滋味たっぷり。ぜんまいの煮付けや鮎せんべいなどお馴染みの味が揃うなか、ウドのクルミあえの美味しさにはビックリ。

 
Cauum4xn客室は17くらいあるそうで、この日もけっこう埋まってたはずなのに、どういうわけかここってあまり館内で他のお客さんと行き合わないんだよねー。特にお風呂はいつも独り占めできちゃったり。
そういえば、隣の部屋の人たちもえらく静かだったし、2つ先の部屋のちっちゃい子が2人いる家族連れも何故だってくらい静かだった。雪遊びでバクハツしすぎでグッタリ…だったのかな。
そんな静けさの中で何にもジャマされず、お酒飲んだり、本読んだり、ウトウトしたり、館内をうろうろ歩いたり。
はぁぁ、まさに大人の愉しみ! 1年納めの贅沢時間。
 
 
ホントに癒されました。はい、ここ、越後長野温泉 嵐渓荘でした。

|

« セイゴロー部活魂@サポリン手芸部主催ニットカフェ | トップページ | 大つごもりの夜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/50426388

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のお籠もり・雪見露天どうでしょう:

« セイゴロー部活魂@サポリン手芸部主催ニットカフェ | トップページ | 大つごもりの夜 »