« 折立温泉 大鼻旅館さん | トップページ | 心臓にやさしい試合@ホーム大宮戦 »

2011年8月23日 (火曜日)

まとめてドン!@ホーム浦和戦 &アウェイ神戸戦

やっぱり相当重症の夏バテだったんだな、と涼しくなって数日の今、思い知りました。
ようやく、「肉食べたい」とか「背脂チャッチャ系のラーメンもいいかも」って気になってきたもんなぁ。それまでは脳内で思い浮かべただけでウップ…となっていたのでした。豆腐と枝豆とキュウリの浅漬けばっか食べてたよ。
そんな、朦朧とした日々のある日。
朝からかなりの暑さの中、あれこれ家事をし、昼食に冷麺を作ってうちの人に出した直後にものすごく気持ち悪くなって寝込んでしまったのです。保冷剤をいくつもカラダに押し当ててね。いわゆる“台所熱中症”ってヤツかなぁ。3時間くらい深く眠って、起きました。
 
これが、浦和戦の日のこと。
それでも、まぁ行かない理由はないわねぇ。ダンマク掲示とお広げ隊参加はスルーしたけど、夕方にはそこそこ元気になってセイゴローに行きました。
110814_173902

 
バックスタンドはこの日も地獄のように暑かっただろう。
確か試合開始時はほぼ30℃。熱気が全身にまとわりつくようなジメジメした不快指数の高い環境だったわねぇ。メイン席上段でもそうなんだから、ピッチ上の選手や砂かぶり席の皆さんはたまらなかったに違いない。ご苦労様でした。
この日よかったのは、レッズサポの友だちが背番号17のユニを着てたことかな。
この日一番凹んだのは、その17番さんが小澤さんのゴールを割ったことだけど。
 
110820_142301 110820_172801 110820_173701
去年アルビサポのうち、ヴィッセルの奇跡的な残留を最も喜んでいたのは私です。だってSOCCER温泉だもん。サッカーと温泉を満喫できるアウェイは貴重! 
今回は温泉2湯の他、六甲アイランドにある神戸ファッション美術館で「インディゴ物語」を堪能。世界各国の藍の美しさに酔いしれました。ま、でもこれ、対戦相手がマリノスとかガンバとかモンテディオなら行く気にならなかったかな。いくらお気楽旅気分サボの私でもね~。
人工の街から一転、新長田で温泉銭湯に入り、いつも行くお好み焼き屋さんでぼっかけのすじ焼き食べ、店のお姉ちゃんとお喋りしてから、ご機嫌で向かったホムスタ。天気は小雨。中に入ったら屋根が閉まってたーー! これがまぁ、外の何倍も蒸し暑くて不快。どうなっちゃうんだ、メガネが曇るじゃん!と一気に不安になったけど、キックオフの頃には空調が効いてきた模様。それでもムシムシだったけど。
で、ロケットスタートをしたかに見えたマイチームですが、それは最初の10数分だけで…あとは煮え切らない状況が延々と…。あぁ、去年、あんなにヴィッセルの残留を願わなければよかった…(笑) 大人になりすぎじゃヴィッセル。なぁんて他人のせいにしちゃいけませんね。アルビは翼を縛られてた感じ。というか、方向感覚がちょいズレしてるのを誤魔化せなかった感じ。
すんげーどんよりした気分だったけど、終了の笛と共にスタを後にして、京都から夜行バスに乗って帰るため大急ぎで移動。ちなみに新潟交通・阪急交通の便ではなく、片道5300円の4列シートバス。格安バスだけあって、乗客は若い人ばかりさ。多分私が最年長だったと思われる。これはキツいわー。
でも、でもね。急遽駆け込みで予約した私の席は、ややリクライニングが甘い最後列だったんだ。そしてね、なんと隣2席が空いていたのさ、ホッホホホホ~! 余裕の3席独占! この瞬間、どんより気分は(ちょっとだけ)晴れました。爆睡でニイガタへGO!

|

« 折立温泉 大鼻旅館さん | トップページ | 心臓にやさしい試合@ホーム大宮戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。