« がんばろう新潟温泉 再び | トップページ | HOT6hours!@ホーム清水戦&アイナック戦 »

2011年8月 4日 (木曜日)

悲しい手芸

黒いタフタのリボンコサージュ。
もう私が身に付けるには可愛らしすぎる形だったので、思いきってほどいて、それを小さく切って安全ピンに縫い付けて、喪章をいくつか作ってみました。
切ったり、縫ったり、手を動かしているとアタマの中が真っ白になって、切ない気分から逃れられるんです。
 
サッカーに関することで、こんな手芸をするなんて、思ってもみませんでした。
松田直樹選手の早すぎる訃報に、茫然です。ご冥福をお祈りします。
 
思い出すのは2008年のナビ予。膠着した試合の後半に投入されたケンゴを、まるで子供扱いで軽くいなす松田選手。憎たらしかったわー。赤子の手をひねるようにケンゴは哀れ9分間で交代させられてしまったのでした。
あの時、まるで歯が立たなかったJ1の壁。ケンゴはまだゴールという形で超えてはいません。そしてもう永遠に松田選手の壁を破ることはできないんだよ。
 
故人へのたむけに、J初ゴールを! ケンゴ! あの悔しさがあったからここまで来れたんだよねと独り合点しながら、泣かせてもらうから。

|

« がんばろう新潟温泉 再び | トップページ | HOT6hours!@ホーム清水戦&アイナック戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。