« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土曜日)

さよなら2011年

111231_102602長かったのか短かったのか全然わからないまま過ぎていく2011年。

大震災もあり精神的に大変なことも多かったけど、新しいことと出会えて古い自分を脱する画期的な年でもありました。
 
そして、年も押し迫って、7年弱愛した千葉ちゃんアルビを去っていくことになりました。
新しいモノ、新しい場所にトライするのはステキなことだよ、千葉ちゃん。悲しいけれど、私はこの移籍を言祝ぎます。
 
新潟にしては珍しくまばゆいほどの陽光が降り注いだ大晦日の午前、千葉ちゃんのダンマクを虫干ししました。最後の日干しです。明日、白山さまのご神火でお炊き上げして、天に帰ってもらいます。
そこから私も2012年に踏み出すんだよ!

| | コメント (2)

2011年12月30日 (金曜日)

サカ温泉発祥の地巡礼5・甲府市・鏡温泉

しかしまぁ、我がアルビは2011年、VFKに2戦2敗。これちょっとありえないでしょー。私はいまだにこの現実を受け入れることができてません(笑) ぜひお返しをしたいので再来年にもJ1に戻ってきてください。お願いします。まだまだ入りたい温泉もたくさんあるんです。


 
 
鏡温泉

 
●単純冷鉱泉 (湧出温度30.5℃)
●400円 (山梨県銭湯料金に準ず)
●10~21時  水休
●甲府市相生1-3-10  ℡.055-228-2483

続きを読む "サカ温泉発祥の地巡礼5・甲府市・鏡温泉"

| | コメント (0)

2011年12月29日 (木曜日)

サカ温泉発祥の地巡礼4・甲府市・国母温泉

ちょっと予定が狂った湯巡りだけど、遊亀温泉からさらに郊外へと、とことこ歩くことにした。そろそろ薄暗くなってくる頃合い、初めての道。ま、いざとなったらauナビウォークに助けを求めちゃうのさ。


 
 
国母温泉

 
●ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (湧出温度46℃)
●400円 (山梨県銭湯料金に準ず)
●10~22時  水休
●甲府市国母1-3-4  ℡.055-224-6804

続きを読む "サカ温泉発祥の地巡礼4・甲府市・国母温泉"

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月曜日)

アルビむかしばなし~西ヶ谷さん

西ヶ谷さんがアルビに在籍したのは2001年のたった1年です。
当時のアルビ、シーズンはじめはまだ市陸3000人時代ですよ。その年の5月からついにビッグスワンでの試合が始まったとはいえ、市陸と行ったり来たり。
反町さんの独特のキャラや生観戦の魅力に新潟県民がようやく目覚めたこともあり、急激に観客は増え始めました。秋以降成績が伸びて昇格争いをしたことも大きかったですね。いろんな面で、分岐点の年だったのねぇ。

その年のサプライズはなんといってもクロさん。元代表の超ビッグネームがアルビに加入なんてまぁ、ビックリ。事実、大卒はえぬきの某DFさんは「黒崎さんと一緒にサッカーするなんてウソみたい!」と素直な感想言ってましたから。
そう、2001年は“憧れのJ1”チームから都会の香りを漂わせて(当時はほんとにそう思っていたのだ、笑っちゃダメダメ)、ジェフから西ヶ谷さん、グランパスから氏原くん、エスパルスから前田さん、マリノスから大西くんが加入し、私たちサポはアルビが劇的に変わる予感にむんむんクラクラしてたのです。
特にね、大雪に見舞われたチーム始動日に黒いポルシェで現れた西ヶ谷さんのイケメンオーラには、みな、後ずさったものです。
 
そう、今でこそクラハがあり、選手とサポはしっかりと区切られてますからファンサが苦手な選手は容易に回避することができますが、当時は公共施設での練習。選手もサポも同じ場所に車を停め、同じ道を通るのです。ファンサは不可避的にいつでもどこでも求められてしまいます。そんな中で、西ヶ谷さんが発する「話しかけないでオーラ」は強かったなぁ。圧倒されたわ。
当時、サポ有志で「せっかくスワンも出来たし、大きなフラッグ(今バックスタンドで拡げてるビッグフラッグのことです)を作って選手入場時にスタンドで拡げよう。そのための募金をしよう」という活動が起こりました。後援会にも協力してもらい、選手たちから何か私物を提供してもらいオークションをして売り上げも募金に加えようということになったんだけど、それを選手に伝えてお願いするのはBF作成委員会の私たちサポの仕事だったのね。たいていの選手には気軽に声をかけさせてもらったけど、西ヶ谷さんには「誰が行く?」「アンタ行ってよ」「俺、こわい~」という按配でしたw
いや、こんなふうに書くと西ヶ谷さんが気むずかしくて人当たりの悪い選手のように思われちゃいますね-。ん~と、それまでなんとなく部活っぽい匂いのしてたアルビにあって、プロ選手として真摯に自分を律している人の峻厳さを感じさせる人だった。というかね。それが自然に私たちにも伝わってきてたのでした。だから、きちんとお願いにいくとまっすぐ目を見て丁寧に対応してくれる方でしたね。
 
111226_102501そんな、イケメンなのに内面はコワモテで眼光鋭い西ヶ谷さんでしたが、プライベートではクロさんノザと仲良しで、その3人で練習後に温泉によく行ったとか。180cm超の3人が揃って浴室に入ってきたら先客さんたち、さぞ怖かっただろうなぁ。当時の西ヶ谷さん、金髪にしてたんだよね~。
故障で別メニュー調整がけっこう長かった西ヶ谷さん、チームの練習をサポに混じって見ていたりしたんだけど(当然のようにサポは決して近寄りません)、見学に来ているクロさんのお子さんたちにまとわりつかれて「にちぃー」とかって金髪ひっぱられたりして嬉しそう。それ見て必死に笑いをこらえる練見サポであった…。
その頃、練習が終わると、クロさんが練見サポの子供たちをピッチに招き入れて突発的にミニミニサッカー講座なんかをやったことがあったけど、そこでの西ヶ谷さんは見ているこっちがニヤつくくらい優しい顔つきで、子供扱いが驚くほど上手でしたね。
 
結局、1年だけで西ヶ谷さんはアルビを去ることになり、その年のチームとして最後の試合@市陸(多分天皇杯の2回戦)には故障で出なかったと記憶してるけど、試合後にゴール裏にやって来て、サポ1人1人と握手をしてくれました。私も半泣きで「どこに行っても応援してますから、頑張ってくれます?」とか言って、西ヶ谷さんに「大丈夫、大丈夫ですよっ」と逆にさとされる始末w  なんか、のどかでしたねー。

J2時代を知らない人も多くなってきましたので、こんなヒマネタでも参考にしてくだされば幸いです。

いちゃポーンとさけた(←これ知らない人は新潟のおじいおばあに訊いてみよう)

| | コメント (8)

2011年12月23日 (金曜日)

サカ温泉発祥の地巡礼3・甲府市・遊亀温泉

試合が終わったらタクシーに乗って国母のホテル123に行き、そこで立ち寄り入浴をしてから国母草津遊亀と温泉銭湯巡りする予定だったんだけど、スタジアムを出たらタクシーがいない! VFKスタッフさんに聞いてもよくわからない様子。仕方ないのでシャトルバスで甲府駅に戻る。こんなことなら往復チケット買ったのにぃ、試合内容といい、もう踏んだり蹴ったりだぁ~ヽ(`д´)ノ


 
遊亀温泉

 
●単純泉?
●400円 (山梨県銭湯料金に準ず)
●14~22時 日曜:7~22時 木休
●甲府市太田町11-5  ℡.055-232-0974
   http://www.yukifudosan.co.jp/yuki.html

続きを読む "サカ温泉発祥の地巡礼3・甲府市・遊亀温泉"

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木曜日)

サカ温泉発祥の地巡礼2・甲府市・ホテル談露館

喜久乃湯温泉でひと息ついてから試合前にもうひと風呂。
甲府湯巡りは今まで何度かしたけど、駅前中心街を歩くのは初めて。駅前すぐに県庁があるという立地に、なんかすごい衝撃。


 
ホテル談露館

 
●ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (湧出温度46℃)
●1050円 (タオル付き)
●5~26時 (宿泊客優先のため入れない場合も有り
●甲府市丸の内1-19-16  ℡.055-237-1331
   http://www.danrokan.co.jp/

続きを読む "サカ温泉発祥の地巡礼2・甲府市・ホテル談露館"

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水曜日)

サカ温泉発祥の地巡礼1・甲府市・喜久乃湯温泉

初めてアルビのアウェイ旅で入った温泉は、甲府市郊外の大滝温泉おふろの国サカ温泉甲府から始まっていたのでしたー。当時は2001年で、まだ健康上それほど温泉を必要としていたわけではなかったけど、楽しい入浴だった。
それから10年。やっぱり甲府は温泉の街だった。

 
 
喜久乃湯温泉

 
●カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
●400円 (山梨県銭湯料金に準ず)
●10~21時半 水休
●甲府市朝日5-14-6  ℡.055-252-6123
 
 
  Kikunoyu_2

続きを読む "サカ温泉発祥の地巡礼1・甲府市・喜久乃湯温泉"

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火曜日)

日の出から日暮れまで・小野川温泉露天風呂 小町の湯

寒い時期の露天風呂は好き。だって空いてるから。


 
 
小町の湯

 
●含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉 (湧出温度83℃)
●200円
●6~18時 冬期間は7~17時
●山形県米沢市小野川町

 
Komachinoyu Komachinoyu2

続きを読む "日の出から日暮れまで・小野川温泉露天風呂 小町の湯"

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金曜日)

入浴券が必要です・小野川温泉共同湯 尼湯&滝の湯

うめや旅館さんでひと風呂浴びて少し横になってから、夕食までの間、湯巡りへ。
小野川温泉は1本の通りにほとんどの旅館が建ち並ぶこぢんまりした温泉街。
Onogawa3 Onogawa こういう古風な佇まいの中に2軒の共同浴場がある。


 
 
尼湯

 
●含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉 (湧出温度83℃)
●200円
●7~21時
●山形県米沢市小野川町
 

続きを読む "入浴券が必要です・小野川温泉共同湯 尼湯&滝の湯"

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火曜日)

スタジアムに行ってサッカーを楽しんで@ホーム名古屋戦

今年のアルビの最終戦。口をぽかーんと開けて、…いやそれだと体内が冷えるので口を半開きにしてお気楽にサッカーを楽しみました。面白かったなぁ。前屈みで没頭して見てるんだけど、手だけはちゃんとアルビの側の応援に呼応して手拍子してたのは自分を褒めてあげたい(たまにアウェイ側の応援につられてる人がいるんだ、私の席の近くってビジター寄りだから)。
わぁ、ゴートク強いとか、ヨンチョルいるとやっぱりいいわ~とか、楢崎さんのGKユニの色コーディネイトはあれでいいんだろうかとか、ぷんぷくミシェウさんをなだめるがパパオーラだわとか、ダニウソンの走ること走ることとか、闘莉王増川が阿吽像みたいで鉄壁だわとか、あれっそういえばさんはなんで上がらないの、キャラが変わったの!?とか、菊ちゃんは素晴らしい(何で替えたんやぁぁぁぁ)とか、他クラブの選手に疎い私ですらボーッと見てても名古屋の選手の見分けがつくって凄いことだなぁとか、そのうえ藤本淳吾までいるとかズルいwとか、小澤さんピクリとも動かんかったなぁとか、今年のアルビは食い足りない、ホントに食い足りないけどこの試合、選手はすごく頑張ってるって感じるなぁとか、頑張るだけで勝てれば苦労しないのよねとか、いろんなことを1人で考えながら観戦しました。
 
111203_131601驚くほど寒くないというか暖かい日で、名古屋サポさんは良かったね。あんなに大勢来るとは思わなかった。来年もあのくらい来てください。
 
最終戦セレモニー。選手会長ミカのスピーチは心に沁みました。特に、被災地から応援している人々に触れたくだり。実際、そういう境遇のサポ友が息子さんと共に観戦に来てたんで、泣きそうになりました。
 
それと比べて、スポンサー企業からの贈呈式の時のタムタム絡みの変なヤジとか、試合後の審判へのヤジとか。それだけじゃなく、前節のペットボトル投げ込みとかさ、なーんかアルビサポってつまんない凡百のサポーターの1つになっちゃったのかしら。
負けて怒って乱入するサポとか、試合途中で応援拒否しちゃうサポとか、誹謗中傷ダンマク出すサポとか、試合後居座って○○出てこいってゴネるサポとか、まぁいろいろ、他クラブが引き起こす事件?を横目で見つつ、「ばっかじゃなかろか、アルビの方向性と真逆だわ、ふふんっ」って思ってたのに。裾野からじわじわ変質しちゃってるんだな、と淋しくなりました。どうか、“悪貨が良貨を駆逐する”なんてことになりませんよう。弱い犬ほどよく吠えるという言葉をかけてあげたいわん。
反町時代、G裏が盛り上がり始めた頃、「もっと殺伐としたG裏を」なんて言葉がよくあったけど、ある意味ってか別の意味で殺伐化は実現しちゃいましたね。とほほほ。 

2011年アルビは終了。
今は観戦用のあれこれを整理しながら、静かに順位表を見て、素直にレイソル仙台の健闘を讃えたいと思います。レイソル、試合見てて顎が外れるかと思うくらい強かったもんなー。来年の札幌鳥栖アウェイの日程も気になるところです。そして、ようこそJリーグへ、ゼルビア山雅。しかしJ2が22チームって…アウェイ破産しそう。

あ~、早く2012年の日程が出ないかなぁ。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »