« 2012アルビ激励会に行きました | トップページ | 肉食系で行きましょうか~ホーム大宮戦&アウェイ名古屋戦 »

2012年3月13日 (火曜日)

松井冬子展・アウェイ川崎戦・弁天線ごみ拾い・黙祷・豚汁

お気楽に生きることを信条とするサカ温泉でも、生きること、死ぬこと、痛みを考えずにはいられない3.11を翌日に控えたリーグ開幕戦の日。
 
まずは横浜美術館で「松井冬子展」を見てきました。
死と狂気の闇から生を照らし出す”というキャッチが生やさしく思えるほどの恐さ。試合前に行くことに躊躇しないではなかったけど、やっぱり凄かった。自分の臓物であやとりする少女図なんて見てからスタジアムに行ってバモれるんだろうか!?
おぞましくも美しい作品から“生”を見いだすべく対峙してグッタリ消耗し、常設のコレクション展を見る気力もなく、みなとみらいの横殴りの雨風に追いまくられ、立ち寄り温泉でリカバリーを図ったわけです。
 
温泉で充分に休養してから、等々力に着いたのはKO30分前。
既に2階席は満席ですと貼り出されていたのでやむなく1階の最後列フェンスのそれよりもっと後ろで、頭と頭の間からピッチを垣間見るというていたらく。
うーん、おおよそ、ピッチの縦半分=メイン側しか見えてなかったw
これ、観戦したことになるんでしょうか? ジンス? いたの?
それでも、貴章の姿はどこにいても判る。彼のデカいカラダが躍動するだけで幸福感がこみ上げてきて、しみじみリーグ開幕を祝う気分に浸れました。
んまっ、見えないものは仕方ないのでね、せめて応援で貢献するべと久々にデカ声張り上げました。いつも川崎に来ると空気がイガイガしていてノドがヒリヒリするのだけど、昼まで降ってた雨が幸いしたか、空気がしっとり。たいしてのど飴のお世話にもならず、声出し応援だけは完遂できたわ、とほほほ。
ともあれ、キムジンスコール、大好き。それと、アラン・ミネイロ♪の繰り返しの最後の回で男声がロオーーーーッと余韻をひくところが何かいい感じ。オメキメレキショーは唄いながら泣きそうになってしまった。新しいチームチャントは唄いやすかったね。
以上、応援レポでした(>_<)
録画は今日の夜あたり時間を取って見まーーす。
あ、入場の時いただいたバナナ2本がえらくご立派で、 昨日の昼食になったことも申し添えておきます。Doleさま、ご馳走様でした。

 
120311_135102ニワカバスで帰宅したのが夜2時。
日曜は、「弁天線清掃&オレンジ化&復興支援活動」だ。総勢99人!
雪が溶けてみたらやたらゴミだらけな弁天線の歩道を清掃しつつ、沿線の商店や事業所にアルビのぼりを設置してとお願いして回るという活動。寒いかと思いきや、ファミリーも楽々参加できるお日和でなによりでした。
さて、アルビな格好で意地になってタバコの吸い殻を拾ってたら、通りすがりのクルマから「頑張って~っ」という声を聞いた気がするのだけど、ひょっとして我々は応援されてたのかな? てへっ、嬉しい。
その間、勲、菊ちゃん、ミカ、こやのんの4選手は別動隊サポと共にオレンジガーデン前で復興支援の募金活動をやってたようです。
ゴミ拾い&オレンジ化から駅南広場に戻って14時46分。篠田市長も含む全員と、たまたま通りがかった人々も加えて輪になり手を繋いで、黙祷。
 
 
 
 
活動の最後は、スポーツカフェMILAN万代さんによる豚汁振る舞い。
思えば、このMILAN水野さんの主催で、アルビサポによる避難所炊き出しが始まったのだ。南相馬から新潟市にやって来た人たちに、手を変え品を変え毎日、5月末まで行われた汁物の炊き出し。濃いめの味噌汁を味わいながら、あの時感じたさまざまなことを思い出したわ。調理に参加してくれた南相馬の女性たちはとても明るかったけど、それはあり得ないような自分たちの現在に笑うしかない境地だったのね。あの編み物自慢のお母さんは今、お達者で編み棒を操っていらっしゃるかしら。めちゃくちゃ煩雑だという賠償請求はちゃんと出来たかしら…。とにかく、忘れないこと。いつも意識していること。
 
そんなことが脳裏を巡りつつ熱々お汁をハフハフと頂いていると、サポに混じって食べてたミカこやのんがスタッフに促されて、豚汁おかわりをしてました。
しっかり食べてカラダを暖めて、いいリカバリーしてね。お疲れさまでした。

|

« 2012アルビ激励会に行きました | トップページ | 肉食系で行きましょうか~ホーム大宮戦&アウェイ名古屋戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。