« BORO展~トーマス・デマンド展~川内倫子展 | トップページ | 聖籠練見~草刈り~アウェイ神戸戦 »

2012年6月21日 (木曜日)

Negicco新曲リリースイベント@亀ジャスに行きました

ヨーン・マルニのわたし的大好きポイントは、新川を渡ってからカーブドッチに向かうあたりですね。海が見えそで見えない直線コースです。右手は松林、そして左手の起伏ある畑風景がね、これはまるで北海道!? いやいやこれは北海道出身の人が実際にそう感嘆してたのでホントです。スイカ畑万歳! 運が悪いとスプリンクラーでレッツ滝修行だ、VIVA、ヨーン・マルニ
(㊟ 「あなたとPop With You」の舞台はヨーン・マルニ=402→R402号線)
そして、カップリングの「トキメクMERMAID」、聴けば聴くほど味が出てくるスルメ曲ですね。曲の中にパーシー・フェイス・オーケストラの「夏の日の恋」がちょこんとかくれんぼしてるのも、ステキ。
 
120619_150101そんな、Negiccoさんの新曲CDを19日にフライングゲット(その日に初めてこの言葉を知ったのであった)しての、発売日当日6月20日のリリースイベント。このところ関東エリアでのイベントが多いけど、発売日は新潟でというのが嬉しいですね。「Negiccoは新潟を背負ってますから」というクマさんの言葉は決してリップサービスではないはず。
亀ジャスのマリンコートでのミニライブ。どのくらい集まったのかなぁ。今年のアルビ新加入選手お披露目イベントといい勝負ってとこか?
椅子席のすぐ後ろの立ち見の2列目くらいに潜り込めたので、ネギヲタ度がかなり濃い地帯でした。
年季の入ったファンの方々はあえて前列とかに行かず、後ろの立ち見の場所に立ったりするそうですが、この日2階、3階にネギTの方々がいたのも、離れた場所からも盛り上げていこうという配慮だったのかな。
なんだかロコドルファンってJリーグとかのサポと似てますよねぇ。好き好きワーワー!って消費して享受するというよりは、彼女たちからいいパフォーマンスを引き出せるように下支えして盛り上げた先に幸福感があるっていうのは、まさにサポ。それが苦労でも犠牲でもなんでもなくて、あぁ楽しい♪なんですよね。私が急転直下、Negiccoさんにハマッたのも、そこら辺の空気に馴染めたからかもしれません。
 
Sh3j0040

ピンぼけ写真でゴメンね、Negiccoさん。高いヒールをこともなげに踊るのがステキ。
今回は、アイドルイベントデビューのうちの人と行ったので、事前に3人を解説しておきました。といっても私もまだファンになって約4ヶ月ですからねぇ。
私から見た3人のイメージってこんなふうです…。
 
Nao☆ちゃんはリーダーで最年長でセンターという位置にいてNegiccoを背負って立たねば!という気合いに満ちたお姉さん。だけど実はほんの少しムリしてるの、ホントは暴走しちゃいたい自分がいるの…という若い娘さんらしい惑いやたゆたいも漂わせる、いい意味での陰影や奥行きを感じさせてくれる、魅力的な人。
Meguちゃんはつやつやピカピカ、無敵の元気っ子アイドルって感じで、ダイナミックにして天衣無縫、かかって来なさい!って肝の据わった雰囲気。そばにいてくれるだけでパワー貰えそう。目力もすごいのよねぇ。
Kaedeちゃんは押しも押されもしない末っ子キャラでマイペース? もしかしてヘタレキャラ担当? でもホントは芯が強くて頑張り屋さんで気配りもすごいんだけど、残念ながらそれがあんまり周囲に気付かれてないっていうw いますよねぇ、こういう存在。実は癒やし系だな?
 
Party on the Planet」から始まって、「ニュートリノラブ」、「トキメクMERMAID」、「あなたとPop With You」、そしてラストはもちろん「圧倒的なスタイル」。当然、ラインダンス㊟にも加わってきました。立ち見エリア、けっこうギューギューで、出来るの?って思ったんだけど、“その時”がきたらスイッと自然に肩組みラインが出来上がり、しかも知り合いでもなんでもなくても当たり前のようにそこに加われて、それはもう、Negicco初心者の私にとっては魔法のようでした。ネギヲタさん達、すごすぎるよー。
(㊟ 「圧倒的なスタイル」の終盤でファンが肩組んでラインダンスをするのです。まぁいわゆるヲタ芸の類いなのかな?)
  
ミニライブの後はジャンケン&握手会。うちの人が恥ずかしがって敵前逃亡したため、ネギ券2枚で3人と一緒の写真も撮れたんだけど、自分が映っててもしょうがないなと思って、握手だけ。でも、1人ずつちゃんと言葉を交わしながら、ネギネギオーラを浴びてまいりました。Nao☆センセイに、「またいつか絵本の読み聞かせしてくださいね」とお願いしたけど、叶うかなぁ。じゃんけんはモノの見事に敗北!

てなわけで、阿鼻叫喚のフラゲ日から翌日のリリースイベントまで、めくるめくような日々でありました。あいあんてば何やってるんだろうとお思いの方も多いと存じますが、また来月の今頃、トチ狂ってるはずなのでご理解のほどよろしくお願いします。

ってか、ネット上だけじゃなくてリアルねぎ友が欲しいぃっす~(≧∀≦)

|

« BORO展~トーマス・デマンド展~川内倫子展 | トップページ | 聖籠練見~草刈り~アウェイ神戸戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。