« 駅から徒歩2分・尼崎・金の泉 あま湯 | トップページ | Negiccoの9年/アルビの9年 »

2012年7月23日 (月曜日)

みずつち2012を巡ってます・その2

ヒマがあったらボチボチ回る水と土の芸術祭2012
新発田にランチを食べに行った帰り、途中でバイパスを降りて阿賀野川近くに行ってみました。

作品№57 坂巻正美「けはいをきくこと…北方圏における森の思想」
120722_124403_2 120722_124402_4
高森の丘という小高い場所にあるお寺と神社。その下の薬師庵にまず行きました。
熊=シシ。熊は北方の獅子神なのだそうです。私たちも熊になって作品の一部になってきました。庵の中は有料です。どんなふうかは行ってみてください。

120722_125301 120722_125401 120722_125601
長い階段を上ると、高森の大ケヤキという樹齢1200年の巨木があり、薬師堂の裏に回ると厳かな空間が現れます。
 
P4 酒百宏一村木薫「亀田町役場の記憶 市民プロジェクト」
120722_133001 120722_133501 120722_133601
旧亀田町役場に行き着くのに、かなり苦労しました。亀田の街中はホントに迷路ですね。古い建物ってちょっと恐い。そんなホラーな気持ちで中に入ると、暗幕で囲われた仄暗い中に木舟と土で出来た球体、古い写真?などが置かれてます。これは村木薫さんと市民プロジェクトによるもの。そこから出て2階に上がると、明るい水の世界が拡がってます。酒百宏一さんと市民プロジェクトによるフロッタージュ作品です。
1階には亀田縞の製品が販売されてました。私も箸袋を持ってますよ。

№59 遠藤利克「Trieb-氾濫」
120722_140701 120722_140702 120722_140801
この夏もみずっちたんく(旧亀田浄水場)は溢れてます。浄水場の貯水槽が氾濫するという悪夢のような作品ですが、涼しいです。でも水音を聞くと去年の大豪雨を思い出させられて強張ります。
120722_140001
とにかく、これはみずつちのシンボル的作品ですね。
 
№58 秋山プク「コンポジション№8:みずっちたんくの備品による」
№60 岸本真之「つぎつぎきんつぎ」
№61-3 チーム・モノリス「はがしたての地球-土壌モノリス」
120722_135601 120722_140002 120722_135901
たくさんのモノをキチンと整理してアートにまで出来るなんて、上手に片付けられない私には羨ましいです、秋山ブクさん。岸本真之さんは今年も次々に継いでます。ふっと足元を見るとしっかり120722_140101壁やらエアコンやら階段やらにも継いであるので油断も隙もありません。「はがしたて…」は前回の新潟市美術館からの一部で、他の会場にも展示されているそうです。地層1cmにつきだいたい100年だそうですから、この1枚に一体どれだけの歴史が込められてるんでしょう。地層を剥がしてくるって発想がすごいなぁ。
 
というわけで、休みの日の午後にチャチャッとみずつち巡り。
まだまだ続きます。

|

« 駅から徒歩2分・尼崎・金の泉 あま湯 | トップページ | Negiccoの9年/アルビの9年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。