« なにがなんでも勝たねばならぬ♪@アウェイ・ガンバ戦 | トップページ | 聖籠は美しい~第20回クサカリマサオ隊報告 »

2012年9月20日 (木曜日)

圧倒的なNegiccoさんワンマンライブに行きました

120917_214001_29月17日(祝)、新潟LOTSNegiccoワンマンライブが開催されました。集まったネギファンは600人をはるかに超えたとか。今までLOTSでそんなぎゅー詰めライブは未体験だったから、まるで別の箱のようでしたね。
でも、Meguちゃん側のエリアが女性限定として区切られていたので、なんとか酸欠にもならず、殿方たちの頭に視界を阻まれることもなく、快適にライブを楽しめました。
女性エリアの最前列には小学5、6年生くらいの女の子たちが何人もいて可愛かったですよー。「圧倒的なスタイル」のラインダンスで肩組んじゃった。

超耕21ガッター」のEDでちょこんと好きになり、今年2月発売のベストアルバムで完全にどんハマりし、以降、有料イベント2回、無料イベント1回というまだまだネギ経験浅いなか、ワンマンライブですよ! 旧友を誘って行っちゃいましたよ! 彼女にとっては初Negiccoですが、娘さんが中高とKaedeちゃんの1つ下で、昔から見かけたりしてたそうで、親近感は持ってたんですね。ポンッと背中を軽く叩いただけでたやすく飛び込んでくれましたよ、ネギ國へ。こういう人、けっこう多いのかもしれないわ。

 

 

1曲目の「ニュートリノラブ」から5曲ノンストップ。私、涙だらだらでした。
ようやく辿り着いた場所。LOTS満員。ここから点火して上に飛んでいくんだな、ロケットみたいに武道館へ…と思うと、ネギ歴浅い私でも感無量です。
それにしても(立ち位置的にそこだけがよく見えたってこともあって)Meguちゃんのダンスのダイナミックさと健康的な色気はヤバかった。髪から汗がしぶいていて、最前列の人々にかかったんじゃないかしら!? スケール感ありますよねぇ、この人。

で、ボーカルがすごくブラッシュアップされてる!ような気がした。いや、気のせいではありませんね。3人ともすごく声が出てるのにはビックリ。さすがに終盤の「Falling Stars」あたりは音程が怪しくなってきたかな~と一瞬思わせといて、そこからググーーッと声が伸びるのよ。あれには鳥肌たちました。
音程も声量もいってみりゃ筋力。ここ一番、頑張り通せるかどうかでキマルもの。
7月のPlanetでの「Negiccoビアガーデン」の時もその身体能力にビックリしたけど、今回は全22曲という長丁場ステージ。激しいダンスを踊って、ナマ声で歌い抜く、その強靱なフィジカルには心底驚きです。私、アイドルというジャンルは全く知らなくてステージも見たことないんですが、Negiccoさんはアイドルってより“ミュージカルの人”とかの方向に近いんじゃないかとすら思ってしまいます。プロデュースされ念入りに造りこまれたアイドルではなく、板の上で客と相対しながら磨かれた芸。う~ん、舞台人・*:.。.:*!!☆

暗転してピチカートⅤでカッコよく繋ぎながら衣装替えて出てきたら「ネギネギロック」かよ!とか、笑いあり懐かしさありのステージで、まさに「集大成」的内容。私としては大好きな「君といる街」と「For a long time」が聴けなくて残念だったのですが、それは武道館でのお楽しみにしておきましょうか。「ネギラヂ」に、この2曲ライブでやってねってメールを送り続けようかなw

Nao☆ちゃんがどんなに可愛くて凛としてけなげだったか、Meguちゃんがどんなにパワフルだったか、Kaedeちゃんがどんなに綺麗だったか、もうダラダラダラダラ永遠に書き綴りまくりたいけど、それは心のノートに。
10年間、ありとあらゆるキツいことや辛いことに負けずへこたれず諦めずに歩んできた3人の醸し出すハーモニーは、大きな心の支えになります。ホントーにありがとうNegiccoさん。

そして、ネギファンの皆さん。ステージから投げられた大きなサインボールが、突き出された手から手へポンポン跳ねて結局女性エリアに入ってしまった時の、男性ファンの方々の笑顔がステキでした。Negiccoさんはファンを誇りに思っていいですね。
この先、彼女たちが大きくなって、ファンが増えたら、今までのようなほのぼの感は薄まってしまうかもしれないけれど、この日LOTSに集った者みんなが大らかな心を保っていれば、それはきっとネギ國の伝統として受け継がれていくんでしょう。
いや、そうじゃなくてはいけないと思う。
(…なーんて言い切ってしまうのは、今、アルビサポとしての自分が大きな試練に直面しているからかも。あんなに泣いて笑って必死に這い上がった場所に早や9年間。あの時の気持ちを絶対に忘れたくないし、忘れてほしくなくて、もがいてるから…)
ま、とにかくもこれが、“いろんな意味での女性エリア”から見た偽らざる想いです。

終演後、なかなか外に出られないと思ったらサプライズの、Negiccoさんによるハイタッチ送り出し! これは嬉しかったです。
そして、もう1つ嬉しかったこと。一緒に行った友だちがポツリと、「あんなお辞儀ができるなんて、彼女たち苦労してきたんだねぇ。応援するよ~」と言ったこと。私、友人にも恵まれたと思っていいですよね。

|

« なにがなんでも勝たねばならぬ♪@アウェイ・ガンバ戦 | トップページ | 聖籠は美しい~第20回クサカリマサオ隊報告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。