« 駅オレ作戦ポスターその後 | トップページ | 1軒宿の秘やかな愉しみⅢ・五頭今板温泉 湯本館 »

2012年12月11日 (火曜日)

シネ・ウインドを助けてください

新潟・市民映画館シネ・ウインド をご存知ですか?
今、デジタルシネマ設備募金プロジェクト展開中です。

121207_101801あぁ、あの伊勢丹の向かいにある小さな所ね、いつもよくわかんない映画をやってるよね、しかも上映期間が短くてさー、なかなか地味だよね。
と、こんな感じでしょうか。

ないものは、つくるしかない」はアルビサポの伝統ですが、シネ・ウインドという映画館もまた27年前、なくなっちゃったものは自分たちで作るしかないんじゃないの~?という映画好き、文化好き、イベント好きが寄り集まって創り上げた映画館です。
昔、新潟古町の「名画座ライフ」が閉館しました。経営が傾いたからではなく、親企業の負債のカタになっちゃったんですよね。それがまぁ、私たち映画マニアにはとてつもなく悔しかった。
「名画座がないような文化度の低い街なんて絶対やだぜ!」
それは、「J2なんて絶対落ちたくない!」ってのと同じでした。
んなわけで作っちゃったわけです。先日、創立27周年を迎えました。既存の映画館ではなかなか上映できないアート系封切り作品や、名画座的な上映で、なんとか細々生き抜いてきました。

が、映画もデジタル化の時代なのよ。テレビが地デジになってしまったように、映画もフィルムではなくデータでの上映になりますのん。その機器はとっても高価なんです。
ぶっちゃけデジタルだと低予算で映画を撮りやすくなるので、若手作家の意欲作なんかも増えるわけですが、そういう作品をウインドで上映できなければ元も子もないですよね。ていうか、デジタル上映ができなきゃ早晩、35mmフィルム新作の消滅と共にウインドは潰れてしまいます!

というわけで、目標額2000万円でデジタルシネマ設備への募金つのってます。
首尾良く導入されたあかつきには、ウインドはデータ上映も、フィルム上映もどちらも出来る映画館になるわけです。
ひと口1万円で、何口でも。2013年の3月末まで募集しています。

あ、ウインドって作る時も募金集めて建てたんですよ。
そんな変な映画館がある街ってのも楽しいじゃないですか?
映画を映画館(コヤ)で見る愉しさを無くしたくない。そんな場を、どうか助けてください。

|

« 駅オレ作戦ポスターその後 | トップページ | 1軒宿の秘やかな愉しみⅢ・五頭今板温泉 湯本館 »

コメント

私もウィンド一次会員です。ウィンドもアルビも新潟の文化に新たな扉を開き歴史を作った、実はすごい存在だと思います。でも、それを認識している人は、特にウィンドに関しては少ないのでは。もっと大勢の人に支えてほしいです

投稿: Big-Nobuko | 2013年1月25日 (金曜日) 23時11分

>Big-Nobukoさん

そうですね。
大きなスポンサーなどに頼らず、映画や文化好きだけの力で映画館を立ち上げたのは確かウインドが日本初のはずです。
潰したらダメですよね。
もっと広報しなくちゃですね。

投稿: アイアン | 2013年1月26日 (土曜日) 22時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« 駅オレ作戦ポスターその後 | トップページ | 1軒宿の秘やかな愉しみⅢ・五頭今板温泉 湯本館 »