« 坂道トレーニングの後は・豊前屋旅館・別府72 | トップページ | 大露天独占・湯屋えびす・別府73 »

2013年12月13日 (金曜日)

圧倒的なスタイル@ホーム名古屋戦

2-0は危険なスコアとよく言われるけど、アルビのこの試合に危険な香りはあんまりしませんでした。(むしろ2点リードの落とし穴的なモノに陥ってしまったのは優勝を逃したマリノスであり、3位なのに昇格を逃した京都サンガであったみたい)
それだけ、危なげの無いチームに仕上がってたってことですよね。バタつくシーンも多かったけど、それ以上に名古屋が浮き足立っていたかな。今まで、ごくたまにスカパーで実況のかたから「試合巧者の新潟」というフレーズが発せられると全力で「ないないないから、それはっ!」と照れてましたけど、ここ数試合のアルビには「どんどん言っちゃってよ」とはにかみつつ言える気分。

去年の晩秋の絶望的な状況や今年春先のあの歯がゆさを思い出すと、よくもまぁここまで来たものだと思います、柳下アルビ誰も追いつけない、圧倒的なスタイル。完成しちゃってたなー。ホントにここでシーズンが終わるのが勿体ない!
(そうはいっても、10月中旬のアウェイ東京戦での淡泊な負けっぷりをいまだに引き摺っているのでアルビ最強!だなんて到底思いませんが)

Sh3j0062
天気予報よりはマシな気温。試合前の選手バス入り待ちの頃はうっかり青空も出るんじゃないかという穏やかな冬日になりました。これが最後の東北電力ビッグスワン。長年ありがとうございました、東北電力さん。

試合が始まっていつ頃から降り出したのかな、雨。
試合の録画をぼ~っと見てたら、コケた選手のスパイクの裏にびっしり芝が詰まっていて気色悪~。
そんななか、アトムの動きがまるでテケテケとコマ送りのようにめまぐるしくて、頼もしかったですね。こりゃポーランドから目をつけられるのも納得?
レオ様が素晴らしいのは言うまでもなく、ナルナルまでがすんごい瞬間移動してボールをカットしてたのには驚きました。春先だったらお取り替えサインが出て既にいなくなってる時間帯にですよ。
…だけじゃなく、ピッチ上の11人がホントに連動してる。テレパシーで繋がってでもいるみたいに、わかり合ってる感じが、見ていてとても気持ちいい。この感覚をずっと何年も味わいたくて、でも滅多に味わえなくて歯がゆかったんです。だからあまりにも楽しくて、この試合が何時間も続けばいいのに!と思ってしまったほどw
広報栗原さんへのゆりかごダンスも、ケンゴアトムのどーぞどーぞゴールも、そしてなんたって、うっちーアルビでの最後のプレイを演出してくれたヤンツーさんの計らい(いや、計らいなんて言うのが失礼なほどうっちーならではのプレーが見られた数分間は決して忘れません。入ってすぐのレオ様へのヒュンッとした縦パス、思い出しただけで泣きそう)も、何もかもが美しく作り込まれた1本の映画のような90分でした。選手みんながケンゴにゴールを取らせよう取らせようと意図してボールを動かすさまは、なんという多幸感! これが新潟なんですよねぇ。
あ、そんな中、久しぶりに見たキショーが変わらずに力強くて嬉しかったです。特にその姿を追っているわけじゃないのに、あのDFを追い回して追い回されてスンッと抜けるような動きは目が覚えていて心地よくなってしまうなぁ。

そして、最終戦セレモニー。なんとか賛歌はちょっとなんとかして欲しいものの、氷雨の中で晴れ晴れとした選手スタッフ陣の表情が輝いてるわ~。チームを去るうっちームラの特製映像とお別れスピーチに感涙し、選手のお子ちゃまたちの可愛らしさにフニャフニャになり、亀田製菓社長さんの「来年はさらに支援する」というお言葉にワクテカ♪ 去年は嬉しいというより安堵で腰が抜けてアタマの中が真っ白だったし、おととしは負け試合(名古屋に負けたんですよね。鬼門じゃないじゃん!)だったからショボ~ンとしてたし、ホントに久しぶりのキラキラした最終戦セレモニーでしたね。


で、歓喜あり、感涙ありの試合の後に、この日の最大の逆境が訪れました。
ビッグスワン脱出不可能の刑にあっちゃったんですよーー。
セレモニーが終わり、観客が捌けてからダンマクを外しに行き、外に出るとシャトルバス行列はもとより、タクシー待ちの列もすごい! しかも、どんどん戻ってきて客を運んでくバスに反してタクシーはほとんど入ってきません。そう、バスは駅南や万代から必ずスワンに戻ってくるけどタクシーはそういうわけにはいかないんですよね。といっても私たちは駅とは逆方向へ行かなくちゃ…。てなわけで、最終のシャトルバスを見送り、寒さと焦燥感に凍えながら1時間近く待ったでしょうか。知らなかったけど、シャトルバス運行が終わっちゃうとあのタクシー溜まりも一緒に閉めなきゃいけないんですって。もう絶体絶命!
その後どうなったかは……今度会った時に話すね。

131207_195101 131207_200701 131207_201001 131207_205101 Cinque7
越後石山のチンクエミーラというバルっぽい欧風料理の店で、うちの人と2人で2013年シーズン打ち上げ。チンクエミーラって五泉って意味らしく、地元食材もたくさん使われてるとか。いっぱい頼んでいっぱい食べて飲んできました。美味しかったー。フロアスタッフさんもアルビ好きらしく、他のお客さんが帰って私たちだけになってからたっぷりアルビ話をして盛り上がりました。

131208_085201へべれけになって帰ってから、一年間がんばったヒデのダンマクを広げました。シーズン途中から縁あって受け取り掲出することになった幕ですが、すっかり愛着湧いてます。ヒデ自身も今までのキャリアの中で今シーズンが最も楽しいと言っているようだし、相思相愛だねっ( ̄∇ ̄;)

しかし翌朝、左腕に大きな青あざが出来ていて、いまだに痛いのは何故だろうw

来年からセイゴローデンカビッグスワンスタジアムと名称が変わりますね。今まではスワンって呼んでたけど来年からはデンスタという言葉が口をついて出るように、積極的に使用します。

あ、ここで宣伝。デンカさんのデンカコスメの化粧水を使ってますが、いいですよ。なんたって「」っていうんです(^_-)-☆
お得なトラベルセットがあるので試してみては!?

|

« 坂道トレーニングの後は・豊前屋旅館・別府72 | トップページ | 大露天独占・湯屋えびす・別府73 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坂道トレーニングの後は・豊前屋旅館・別府72 | トップページ | 大露天独占・湯屋えびす・別府73 »