« 砂を噛むような5月(リーグ戦備忘録) | トップページ | クサカリマサオ隊も出動35回目となりました »

2015年6月 7日 (日曜日)

突破突破突破~!@ナビ予H湘南戦&A松本戦

J1にあがって12年目にして初のナビスコ杯決勝トーナメントに進みました。
もうね、毎年9月10月とかのサッカースケジュールがミョ~にヒマなのでいつも隣県に旅行に行ったりしてましたけど、今年は違います。ひゃっほ~~い(*^^)v

Shonan

5/27 湘南ベルマーレ戦(H)… 2-0 ○

平日ナイトマッチといえば、試合が始まってから急いで席について観戦をし始め、途中で気がついたようにカバンからタオマフを取り出して首に巻くというようなリーマンサポしぐさに萌え萌えなわけですが、今回は作業服にタオマフという萌えにもハマりました。薄いペパーミントグリーンの上下姿にシーパスさげてタオマフ。ううう、ステキです凛々しいです。すみませんすみません、予選突破が嬉しくてアタマが腐れてます。

リーグ戦のスタメンとは違う新鮮なメンツ。マサルタツヤも楽しみ、前野のガッツあるプレーも見たかった。なんだかとてもワクワクした気分で始まった試合は、最近ないくらい引き締まって見応えのある、ストレスの少ないゲームでしたね。
観衆8000人足らずだったけどスタンドも気合いに満ちていて、メイン席でも本気モードで手拍子をしている人が多かったです。スワンでは実に4/8以来のバンザイですよ。嬉しいような情けないような、不思議な心持ちのバンザイでした。

1433428330135_2 1433428284165
1433428244528 1433428117737
6/3 松本山雅戦(A) …3-0 ○

GWにあったリーグ戦は行かず、このナビ予最終戦に賭けていた松本アウェイ旅。
うちの人とお泊まりで行きました。
サポ友さんお奨めの山辺ワイナリーでワインを買い、信州家というお店で蕎麦を食べ、念願だった松本市美術館に行きました(戦後日本の住宅伝説展、身悶えするくらい素晴らしかったです)。
30年くらい前はもういいってくらい何度も観光で訪れてた勝手知ったる松本お洒落なカフェでひと休みしてからホテルに行くと、嬉しいディスプレイがありました。ステキな気遣いね。

1433428181157 1433428180351 1433428119669_2
甲府戦でのゲームには2回参戦しましたが、山雅の試合で行くのは初めてです。リーグ戦のとき行った方々によると街なかでもスタジアムでもフレンドリーにお声掛けさけたらしいですけど、私たち夫婦どうも「話しかけるなオーラ」を出してたらしく、明らかにアルビサポな格好をしていたにもかかわらず店頭などでもスタジアム周辺でも全く声はかけられませんでした。どうやらナビスコ予選というのはまだまだ影の薄い存在なのかもしれませんね。
アルウィンに着くとさっそく山賊焼きをいただきました。それと、ニジマスを丸めて唐揚げにした円(つぶら)揚げ! まるまるニジマス一匹の揚げ物なのに200円ですよ! スタグルとして破格の安さじゃありませんかっ!? もちろん美味しかったです。
そして、バクダン焼き。タコ焼き8個分くらいを1つの大きさにして、中の具は8、9種類という贅沢な食べ物です。
そんなこんな食べてお腹がたっぷたぷななかで守田ダンスしたので息切れというか動悸がしました。とはいえ、こんなところで倒れてもいられません。横浜戦以来久しぶりにG裏声出し応援しました。
平日夜ゲームだけど、アルビ側のおバカさん500人。山雅側も予選敗退してるけど思ったより多かったです、なんか初々しいですね。
ナビ予特別スタメンともいえるメンツでの戦い。湘南戦ではキビキビと強い気持ちとプレイで私たちを乗せてくれましたが、今回はのっけからイマイチ本調子ではないと感じました。どうしたんだ、ヘヘイ、Baby! 守備陣がちょい意思統一できてないの? とか思ってたら、気迫溢れるプレーを見せてた前野の負傷退場。これには涙がジワッとでました。
いやホントにごめん、ガッツリとバモってはいたものの、前半はもう心折れるシーンが多かったです。シャトルバス内で試合メンバーを知った山雅サポさんたちが「思い出スタメンだね」、「この試合を今後のサッカー生活の記念にして欲しいね」と口々に言うメンツだったわけですから当然楽勝でしょ、という甘さが自分の中にあったからかもしれません。
(スタメン紹介の時、塩沢勝吾選手に対してアルビ側から拍手が多かったですね)
でも、後半になると、前半では徒労にも見えた前線の選手たちの頑張りがだんだん実って形になってきた感じがしはじめました。1点目こそ途中出場のギュンのものだけど、お膳立てはスタメンの選手たちがコツコツ作り上げたものかな。と思ったらあれよあれよの怒濤の3得点。はぁぁぁ、幸せ。ゴールシーンって何もかもを昇華させるチカラがありますね。

というわけで、私は今期初のアウェイでバンザイ。
初といえば、うちの人は初ゴール裏体験。コールやチャントに合わせ律儀に淡々と拍手をしてただけですが、妻がどんだけデカい声、大きな手拍子を叩いてバモってるかがバレてしまったようですw

1433428118821_2 1433426307820
1433428076937 1433428075205 1433428003384
1433428074114 1433426294572

試合後は駅前の雷電という居酒屋に行き馬刺しを食べました。
翌日は小谷まで走って温泉に入ってから、糸魚川へ。ちょいイタリア料理ふうのブラック焼きそばをいただき、新幹線が通って新しくなった糸魚川駅界隈を観光し、大好きなフォッサマグナミュージアムでじっくり石を眺めてきました。
あぁ、楽しい気分で観光できるっていいな。
ま、リーグ戦はかわらず最下位だけどね。

ナビスコ杯決勝トーナメントが入って、天皇杯もあるので、9月は6試合はあるようですね。どこと当たるのかな。どこであろうと、アルビを応援する楽しい時間が増えるのは幸せなことですね。

|

« 砂を噛むような5月(リーグ戦備忘録) | トップページ | クサカリマサオ隊も出動35回目となりました »

コメント

どうも。
ご夫婦で観戦だったのですね。気づきませんで。
松本市美術館は、私がおそらく唯一行ったことのある美術館です。学芸員の方と少しだけお話しましたが、おもしろかったです。
アルウィンで食べ物の記憶が無いので、円揚げ、次回行った時に買おうと思います。

投稿: reo | 2015年6月 7日 (日曜日) 16時25分

>reoタン

松本市美術館の「戦後日本住宅伝説」めちゃくちゃ面白かったです!
常設展の彌生さんエリアも見応えばっちりですね。

投稿: あいあん | 2015年6月 9日 (火曜日) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 砂を噛むような5月(リーグ戦備忘録) | トップページ | クサカリマサオ隊も出動35回目となりました »