2013年3月 6日 (水曜日)

区バス大冒険! 江南区カナリア号篇

新潟市各区の区バスも土日運行が増えてきましたね。なかでも江南区のコミュニティバスは意欲的だと感じます。スワン渋滞、亀ジャス渋滞があるなかで土日走らせるなんて根性あるなー。
新潟交通バスを主体とした江南区バスとは別に、旧亀田町茅野山・早通地区ではタクシー会社さくら交通が運行するバスがあるんですね。これも土日平日運行します。

130305_141801カナリア色の車体の9人乗りのジャンボタクシーを利用したコミュニティバス「茅野山・早通地区住民バス カナリア号 」です。はじまった当初は亀田駅~区役所~アピタ~アスパークという路線でしたが、さらにイオン新潟南(亀ジャス)まで網羅するようになって利便性が高まりました。

というわけで、自宅から歩いて13分のイオンからカナリア号に乗ってみました。2013年10月から停留所は交通や区バスと同じ場所になりました。停留所は新潟交通や江南区バスが発着する場所ではありませんよ。ジャスコ食料品売り場の弁天線方向の出入り口を右に出た所です。
料金は均一200円で料金箱にお金を入れるのは乗る時でも降りる時でもどちらでもいいみたいです。アバウトです。アナウンスとかはなく、「アスパークまでお願いします」とか申告します。この辺やっぱりタクシーなんですよね。降りる時も多少の微調整はしてくれますw 少し次のブロックまでいって降ろしてくれるとかね。

路線はざっくり言って、亀田駅西口から鵜の子の通りを行ってアピタから区役所、そしてアスパーク早通町内イオン、そこからまたアピタへ行き区役所も経由してへというアスパーク先回りの経路と、その逆パターンで区役所アピタイオンアスパーク…→というイオン先回りがあります。ここに区バス路線や、新潟交通の鵜の子線も絡むのですから、亀田駅~イオン・アピタ間はとても便利になりましたね。亀田駅東口にある高校の学生さんたちは多大な恩恵にあずかっているのではないでしょうか?

イオンなどの巨大SCはまるで城塞都市のよう。昔ながらの中心街をシャッター通りにする元凶のように言われたりしますし、現にその通りだと思うんですが、同時に、イオンが路線バスやコミュニティバスのハブの役目を果たしてくれることで路線が拡張されたり本数が増えるなど周辺公共交通網が充実したことも確かです。車社会の牙城だけど、バス乗りにとっても有り難かったりするんです。
とにかくこれでアスパークの体育館のプールに行ったり、文化会館内の図書館を利用することもできるわヽ(^。^)丿 会館内のココモkaffeってカフェのコーヒー、美味しいんですよ~!

| | コメント (2)

2012年2月29日 (水曜日)

ゆめぞら号に乗って~魚沼・妻有2012冬

2月アタマに魚沼旅行するはずが、災害レベルの豪雪だなんだかんだで行きそびれてしまい、結局2月最後の週末を利用することに。クラブハウスの除雪に集った皆さま、お疲れ様でした!
 
120225_115901 120225_120402 120225_121001
六日町でクルマを置いて、ほくほく線まつだいにGO! 「いい旅・夢気分」みたいな旅をしようというのが今回のコンセプトの1つだったのでw
特急はくたかには乗ったことがあるが、各停に乗るのは初めてだ。てなわけで、恒例のトンネル内イベント映像も初めて見ました。車内は積雪数mの景色にテンションあがってる人が多く、もちろんこのイベントにもキャッキャと歓声があがってた。

続きを読む "ゆめぞら号に乗って~魚沼・妻有2012冬"

| | コメント (0)

2012年1月29日 (日曜日)

金沢で乗りました、見ました、食べました

十代、二十代の頃は幾度となく訪れていた金沢。兼六園もひがし茶屋街も忍者寺ももうええっちゅうくらい行きました。でも結婚してから行ったのは2004年のガンバ戦の時だけだなぁ。そんな金沢を正月三が日明け、一人気ままに歩いて、バス乗って温泉銭湯入ってアート見て居酒屋で飲んでまいりました。
120106_074601 120106_074801 120106_131801
雨や雪の時威力を発揮する金沢駅の大きなドーム。バスの発着も濡れることなく楽々。とてもステキな駅だけど、改札は駅員さんによる人力ってとこがラブリー。
さすが観光地だけあって、バス乗り場に案内の人がいて最寄り停留所を即座に答えてくれる。更にビックリしたことに、そのやり取りを運転手さんが聞いていたらしく、目当ての停留所で降りる時、「○○に行くにはあの交差点を渡って直進ですよ」って教えてくれたのさ! 行き届いてるっ。
 

続きを読む "金沢で乗りました、見ました、食べました"

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水曜日)

滋賀県唯一?・須賀谷温泉&琵琶湖一周電車旅

泊まりがけで行った京都。お泊まりは大津駅直結のホテルでとても快適だった。京都駅からたった10分なのに料金とかかなり違うのね~。私の「経県値」もこうなりました
ただし、滋賀県は温泉がきわめて少ない土地。なので今回のツアーで入ったのはたった1湯だけ。それでも、せっかくだから温泉はしっかり選びましたっ。


 
須賀谷温泉

 
●ヒドロ炭酸鉄泉 (湧出温度13℃)
●1000円
●11~21時 (土日は繁忙のため15時以降は要問い合わせ)
●滋賀県長浜市須賀谷町36番地  TEL 0749-74-2235
  http://www.sugatani.co.jp/
 

続きを読む "滋賀県唯一?・須賀谷温泉&琵琶湖一周電車旅"

| | コメント (0)

2009年2月 2日 (月曜日)

区バス大冒険! しも町循環バス篇

今回のBGMは濱田金吾の「裏窓」で(リンクは文末へ)。
おシャレっぽくJAZZYな曲が多い濱金ソングとしては異色の曲で、“歌謡曲!?”って曲調だけど、じっくり聴きこむとホントに『大人』な唄。(作詞:伊藤アキラ)
新潟のしもは、どちらかいえば大人の都合って感じな街なので、ぴったりだ。
 
 
090130_140901本町古町から、海側のしもエリアを回るしも町循環バス「にこにこ号」青太字はバス停名です。

西大畑のバス停は新潟交通浜浦町先回り線と併走。なのでバス停も併用。西消防署の斜向かい、どっぺり坂のふもとにある。
西大畑坂上も併用バス停。
附属小学校前を通りすぎる頃、海が見えてくる。学校を回り込む形で右折。会津八一記念館のある通りに入る。
ここら辺は二葉町といって、通りの右側は住宅地、左側は松林というロケーション。知り合いの家があるので、ここらには子供の頃、よく遊びに来ていた。その頃はなかなかの高級住宅街だったが、今でもそうなんだろうなぁ。

続きを読む "区バス大冒険! しも町循環バス篇"

| | コメント (4)

2009年1月29日 (木曜日)

区バス大冒険! 江南区篇

…と言っても、結局これ買ってきただけ。090128_170301_3
旧・亀田町(新潟市江南区)が世界に誇る名菓、「ティラミス大福」を買いに、うちから万平菓子舗までてくてくと1時間ほど歩いて行ってきた。ぜーぜー。天気が良すぎて歩いてるうちに汗ばんじゃった。
090128_151001でも、ボケッと歩いてると、たまーに舗道に残った雪の中にツルツル滑る部分が潜んでいるので要注意。
戻る途中、小路を入って諏訪社という立派な神社の前を通ったり、くねくねした小道を彷徨ったりしつつ、亀田の商店街に戻る。昔懐かしい雰囲気のある通りだ。天気がいいからか思ったより人通りもあるんだね。
 
090128_151401_2その通りの途中に、こういう喫茶店を見つけたんだけど、「お惣菜カフェひなた」って! 
お惣菜とカフェかぁ、素晴らしすぎる。「おでん」とかいう文字まで見えて激しく興味が惹かれ、入ろうと思ったけど、ザッと見、カウンター席が満員だった~(>_<)
また今度、トライしてみよう!
 
てなふうに来た道を戻り始めたらトイレに行きたくなったので亀田駅に寄ったのだけど、そこにちょうど江南区区バスが停まってたので、ついついそれに乗っちゃった。
 

続きを読む "区バス大冒険! 江南区篇"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火曜日)

ついつい富山に行きました その2・いま泉天然温泉

富山といったらカターレ富山だ(だよね)。
今回は繁華街的な場所を歩かなかったため、街角に貼ってあるポスターは見かけなかったが、バスの中で吊り広告を見たよ。
城南天然温泉も、この温泉も、富山駅からまっすぐのR41号線近くにあり、この道はズンズンと先に進めばカターレのホームスタジアムに到達するのである。
このエントリが富山遠征サポのお役に立ちますようにwink


 
 
いま泉天然温泉

 
●単純泉 (湧出温度37.7℃)
●490円
●11~22時半
●富山市今泉210   ℡.0764-93-6100
 

続きを読む "ついつい富山に行きました その2・いま泉天然温泉"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月曜日)

ついつい富山に行きました その1・城南天然温泉

080620_132502富山市といえば、路面電車(そうなのか?)。
新潟にも以前はあったのにねぇ、路面電車。映画「男はつらいよ」シリーズにも、寅さんがチビチビと酒を飲む白山浦の居酒屋の前を電車がガタガタと通っていくシーンがあったっけ。
富山駅の北側にはLRTというおニューな路面電車もあるのだけど、駅前から街の中心部付近を通るこちらの電車は、なんとも味わい深い、ガタゴトのんびり、チマチマ進む、元祖的路面電車だった。
そんな電車に乗って、さぁ、温泉に行こう。


 
 
城南天然温泉

 
●単純泉 (湧出温度42℃)
●530円
●10~22時半
●富山市太郎丸西町1-5  ℡.0764-91-3001
 
 

続きを読む "ついつい富山に行きました その1・城南天然温泉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)