2015年4月13日 (月曜日)

happydaysその1・Hナビ予鳥栖戦&お花見ランチ会

150408_175101
びっくりするほど早い時期の開花。まさか4/8の鳥栖戦がお花見ナイターになるとは思ってもみませんでした。カナールの桜は8分咲きといったところでしたね。写メだとまったりした春の夕暮れに見えるけど、この日の寒さはハンパなかった! 着るものやカイロで武装はしたけど、気温に対するカラダの調整機能がもう春モードだったせいか、耐えがたい寒さに感じられました。
150408_175601 150408_195301
ま、そんな時にはお腹の中を満たすことが一番です。越後甘豚さんのモツ煮丼を食べました。モツと豚バラ肉とゴボウのシンプルだけど暖まる一品です。そして、どんなに寒くてもビールはパワーの源です(えっへん)
鳥栖といえばとにかくドンドン豊田に通す。そうとわかっていても通されてしまうというパターンが多いですけど、この日はなんとなくおとなしめ、控えめに感じたのは、例のムウ踏んづけ事件の余韻のせいでしょうか。それでも、鳥栖の選手って体幹バランスがすばらしく良くてヤジロベエみたいって思っちゃう。
それにしても寒い寒い。もはや熱燗を飲み続けるしか寒さをよける術はない…またまたお代わりを買いに、と思ってたところに、もっちりしたボールさばきがステキなギュンが、技ありのゴールをキメてくれました。これは暖まる!
ケガなど台所事情のせいか、日程のせいか、単に選手の調子のせいかわからないけどスタメンはいろいろと変わってましたね。その中でも、またまた前野が見られてとても楽しかったな。

悶々とする時間も多かったけど無事に勝ち点3ゲット。
欲をいえば、セットプレーをも少し工夫してほしいですね。昨日の鹿島戦でも解説の山本さんに「セットプレーが単調な気がする」と言われてましたけど、笛が吹かれた時点で「どんなFK、CK蹴るんだろう」というワクワク感が持てないのって、試合を楽しむうえでもかなり残念なことだと思います。
…なーんて隣の友だちとブーたれながらも1-0で終了してバンザイ。
インタビューのあと用具運搬カートで運ばれるギュンに、ますますゆるキャラ感が強まります。あんたはニータンかっ。お立ち台でのネガティブ臭のするもっちりした喋り方もなんだか新潟県産ぽい。
観衆は6654人。少ないっちゃ少ないけど、年度初めで激寒の中よくこれだけ来たと思います。あれ、最近自分の中で動員に対するハードルが下がってるかもw

150409_144102
さて、極寒だった水曜とはうって変わって、4/9は快晴。日射しは暑いくらいでした。恒例の「第14回・由緒正しきアルビサポお花見ランチ会」が白山神社裏空中庭園で開催されました。いやぁ、祝勝会になってよかったねー。
11時半から始めて、撤収したのは16時近く。平日昼間にビールクズという贅沢なこのイベント、まだまだ続けていきたいと思います。アルビと共に、アルビサポ仲間と共に1年ごとに刻んでいく人生って、なかなかステキじゃないですか。

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火曜日)

第13回・由緒正しきアルビサポお花見ランチ会

140414_114701 140414_124801
暖かく、風も穏やかな絶好の花見日和の4/14。今年もまたお花見ランチ会を執り行うことができました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
久しぶりに新発田の和泉屋さんのごままんじゅうが食べられて嬉しかったわー。まさに花より団子!
ちなみにこの「由緒正しきアルビサポお花見ランチ会」、TVデビューしてしまいました。てへへ。お花見ランチ会は増税なんかに負けませんよ、U●さん。

話題はアルビの将来展望から我が身の行く末へと拡がり、“来年も、20年、30年後も元気で観戦や花見をしましょう”という話題で締めくくり。参加者の半数は、自分はアルビに何が出来るか、だけでなく、何を遺せるかということを現実問題として考えてしまうお年頃なんですわ( ̄∇ ̄;)

また来年も同じ場所で。
アルビサポの皆さん、老若男女問わず、タイミングが合えばぜひご参加ください。
140414_143001

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金曜日)

喪章

140313_160601新潟県サッカー協会会長、澤村哲郎先生がまだ74歳というお歳でご逝去されました。

アルビサポのみならず新潟のサッカーファンはすべからく澤村先生が長年にわたり果たされた数々の功績の恩恵にあずかっているわけです。つつしんでご冥福をお祈りいたします。

甲府戦は喪章と共に応援して、勝ち点3を御霊前にできたらいいな。

それにしても、アルビがタイトルを獲る姿を見ていただきたかった!

澤村先生の訃報とともに思い起こすのが、2002年W杯を待たずにみまかられた真島一男先生。新潟で開催された試合をビッグスワンで観戦しながら、「真島先生は上空からごらんになってるのかな」と思ったものです。

大企業の地域サービスから始まったオリジナル10スタイルとは違い、何もないところから先人たちがコツコツと積み上げてきた今の新潟、そしてアルビの状況。土台はまだまだ脆弱といっていいんじゃないかと思います。もし、先日浦和で起きたことや課せられた制裁がアルビの出来事だったら…。クラブ存亡の危機に陥るのはあまりにも簡単なことでしょうね。
澤村先生たちが造り上げられた土台が、個人の独善的な愚行なんかで揺るぐことのないよう、さらに高く積み上げられるよう、私ごときでもなけなしのアタマで考えなくちゃならないとは、とほほほ…。
楽しいはずの試合前日にこんなことを考えなきゃいけないのはホントにイヤなんですが、避けては通れませんもんね。特に明日は甲府アウェイですもん。

| | コメント (0)

2014年2月25日 (火曜日)

「狂熱のザンクトパウリスタジアム」で蹴春を迎える

140223_174901
シネ・ウインドで開催の「にいがたサッカームービーウィーク」2作目は「狂熱のザンクトパウリスタジアム」。ウインド立ち上げ時からのメンバーとして、館内にアルビユニやアルビグッズの観客がたくさんいる状況ってそれだけでグッときちゃいます。

恐そう、というイメージしかなかったザンクトパウリのゴール裏。しかし映画で描かれているのは意外にも自分が知ってるゴール裏なのでした。ただ日本とドイツで風体や体格、マナーに関するセンスのレベルが違うだけで、ゴール裏はゴール裏なんだなぁ、と。違うとしたら歴史と知識なんでしょうか(これが一番デカいけど)。
G裏住民ならとても刺激を受けるだろうし、一種の懐かしさを感じるかもしれません、この開幕前のサッカーに飢えてる時期に見ると。
事実、わたくし、夕食前にグルメ番組を見てるようなキョーレツな妄想状態におちいってしまいました。もうG裏人じゃないのにw

というわけで、開幕前にこれはぜひ見といて欲しい映画です。今日と明後日しかやらないけど(25日18時~、27日18時~。いずれも上映前にアトムのコメントビデオ上映。映画の後は新大アルビプロジェクトによるトークイベント有り)、チラッとアルビグッズを身に着けて、気持ちをアゲにいってみてください。

| | コメント (0)

2014年2月22日 (土曜日)

むちゃくちゃでごじゃりますがな!「サントス~美しきブラジルサッカー」

Websoccerシネ・ウインドで始まった「新潟サッカームービーウィーク」で「サントス~美しきブラジルサッカー」を見てきました。
上映後にえのきどさんと元サカマガ編集長平澤さんのトークショーがあったんだけど、それは都合上聞けませんでした。残念。

サントスは立場的に日本での鹿島みたいな立ち位置なのかな。都会ではなく地方の小さな町の強豪チーム。
冒頭とクライマックスに出てくるサポの大一番前の決起集会で感極まって泣きました。
ここに出てくる人たちは、選手もクラブスタッフもサポーターも、そして多分この映画の監督もベタベタにサントスサポ。その人たちの言葉が1つ1つ腑に落ちる。わかるわかる。
だけど、1つだけわからないのは、優勝という栄冠を手にする前と後の恍惚とした感情。これを見て、強く思いました。優勝したい!と。

ブラジルらしい、ムチャクチャというかいい加減な感じにブハッと笑う場面も多くて、とても楽しい映画でした。
とにかく、これを見て気持ちがアガらないサポーターはいないと思うよ。
このあと、24(月)、26(水)、28(金)の18時~19:45に上映されるけど、レオ様とがうがうのビデオメッセージも同時上映されるんですって!

そして、明日と25日、27日はドイツのとあるクラブサポの有り様を描いた「狂熱のザンクト・パウリ・スタジアム」。明日は上映後、ktmrをはじめとするサポ諸氏のトークセッションがあるそうです。平日上映にはアトムのビデオメッセージが見られるそうですよ。

とにもかくにも、新潟・市民映画館シネ・ウインドの立ち上げからのメンバー“すかいうぉーきんぐ・たま”として、ウインド館内がアルビサポで埋まる光景は何にもまして至福でした。みなさん、ありがとうございました。

さて、映画のあと、スパイシーなものが食べたくて、近くのプエン・タイレストランに行きました。
140222_195901 140222_200401 140222_201201 140222_202101
140222_203701 140222_204301 140222_212601 140222_214001
生春巻きとヤムウンセンと肉味噌の野菜巻きと野菜のキノコの炒めものとパッタイとグリーンカレーとデザート盛り合わせを食べました。おいちかった~♪
次は、ソンタムとトムヤンクンを頼もうっと。

| | コメント (0)

2014年2月12日 (水曜日)

新しいVAMOS幕の募金はじまりました

長年アルビG裏に掲出されていたVAMOS幕も古くなり、自重に耐えられないほどになってきたようです。近くにいるとペンキの粉もひどいですよね。G裏の有志が話し合い、新たな幕を作るそうです。補修管理の負担も少しは減るといいですね。
以下、募金に関するお知らせとお願いです。協力プリーズ♪


アルビレックス新潟を応援する皆さんへお願い

いよいよ2014シーズンも開幕直前となり、我等がアルビレックス新潟も順調にキャンプ日程を消化しております。

現在、ゴール裏中央には我等サポーターの象徴でもある『VAMOS NIIGATA』があり、それを取り囲む形でサポーター皆さん作製の応援断幕があります。
この『VAMOS NIIGATA』横弾幕で長年、チーム・選手を応援し鼓舞してまいりました。
しかしながら昨今、劣化が激しくなり修復・補修を繰り返してきましたが今シーズンは
維持出来ない状況となり開幕に向けて新たに作製しようと思い動き始めました。
この『VAMOS NIIGATA』横断幕(縦3.5m×30m)を作製中ですが、予想を上回る製作費が掛かる為、一人でも多くのサポーターからの募金をお願いしたいと思います。
3月1日の開幕戦(アウェイ仙台戦)を目指し作製しており、皆さんにお披露目の予定です。
何卒、一人でも多くのご協力とご理解を頂きまして、ゴール裏から 我等がアルビレックス新潟にサポーターの熱い想いを送りたいと思います。
募金のご協力を宜しくお願い申し上げます。
なお、個人が直接現金を受け取る募金活動はいたしませんので、口座振り込みのみとさせていただきます。お手数ですがご了承ください。

サポーター横断幕 文字=VAMOS NIIGATA
生地=トロピカル
サイズ=縦3.5m横30m
仕様=周囲ロープ縫込み・テープ補強・ハトメ・上部21箇所・下部5箇所・約10kg
金額=¥230,000(税込¥241,500)+送料¥1,260
税込合計=¥242,760

【募金口座】
銀行名: 第四銀行 姥ケ山支店 (ビッグスワン最寄りの銀行です)
普通口座: 1288714
口座名義: オレンジスピリッツ
募金締切日: 3月7日(金)迄

募金締切り後、収支決算報告をさせて頂きます。


             アルビレックス新潟・ゴール裏サポーター有志一同
Sn370002

| | コメント (6)

2014年2月 3日 (月曜日)

サポカン2014とアルビBBの試合に行きました

140201_1319010001
昨シーズンの結果と新しいチーム編成とで、かつてないほどいい雰囲気のうちに迎えた今年のサポカン。詳細は議事録にきっちり出るでしょうから割愛。
質疑応答で毎年あるよくわかんない感情論みたいな質問はほぼなくて、どうすればアルビがもっと強くなり、客が入るんだろうという切なる思いが籠もった時間だったと思います。ほぼ。
ただ、タムタムの話はくどかったなー、胸焼けしたなー、「貧乏が憎い・金持ちが羨ましい」という非常にあけすけな気持ちは私も少しは持っているけど、そこはもっとスマートに語っていただけないとホント、いやだわ。
でも、選手編成に関してフロントがすごく頑張ったのは事実だから、今度は私たちサポが有料客を呼び込まないといけないのは間違いないです。

140202_121202 140202_121201 140202_185201
さて翌日2/2は鳥屋野体育館アルビBB京都ハンナリーズの試合を見ました。この日はデンカ生研さんが屋台を出してらして、うな重と鰻巻きを販売! うな重は完売してたので鰻巻を買いました。おいちかった。Sh3j0063ヒスイうなぎ各種の通販パンフです。
私、実はbjリーグになってから初めての観戦。最後の観戦がまだ日本リーグだかスーパーリーグの頃だから10年以上前! 長年のバスケブースターでもあるサポ仲間T氏が席取りから試合前のお楽しみや、応援グッズまで用意してくれて、アルビBBや相手チームのこと、選手の特徴、プレイの説明まで至れり尽くせりの解説付きで試合を見ました。
佐藤公威はカッコいいし、10数年ぶりに見るワラジ=藤原の熱っぽさもステキだけど、私は小松秀平選手という新たなお気にを見つけましたw 「マーリーミシェウさんだね!」とか「相手の17番、tsuboちゃんみたい!」とか「今日のアルビは覚醒する前のケンゴみたいだね」とか女性サポ3人で好き勝手言いつつ盛り上がって応援しましたよ。
土曜の試合は勝ったんだけど、この日は京都が意地を見せたというか落ち着いていたというか、アルビは歯車が噛み合わず完敗でした。けど、暖かい体育館内でビール飲んだり、バンバンスティック叩いたり、秀平選手の得点にキャーーー!とか黄色い声あげたり、お気楽に楽しみました。Tさん、ありがとうございました!

サッカーがはじまっちゃうと多分バスケに気持ちが向かなくなると思うけど、オフはこうやってまったりと楽しむのもありだなぁ。アオーレでの試合も猛烈に見たくなってる私です。

久しぶりに行った鳥屋野体育館。ゆるキャラいました。
しかしですねぇ………。

これはあかんだろ。この未完成っぷりはすごすぎる……(;´Д`)
  ↓    ↓    ↓    ↓
140202_1222010001

| | コメント (0)

2014年1月20日 (月曜日)

新潟の冬~JazzとアルビとNegiccoと

若干燃え尽き感がありますが、今年第1弾のお楽しみウィークエンドは大忙しでした。ジャズスト激励会ファンミーティング。ハァハァハァ。心地よい疲労感です。

1/18は第23回新潟ジャズストリートがありました。
今回はパルムで行われたHornetsから。ユニット名から推測の通り、敬和学園高校Jazz Hornetsの現役メンバー、引退メンバー、OB、そして他校の凄腕ベーシストくんを加えたクインテットです。平均年齢17歳にして、緊張感溢れるクールな演奏。聴き応えありました。
2ステージめはコーヒーショップ器へ移動して、高島田孝之トリオ+2を。毎回楽しみにしているこのトリオ。聴いててホントに楽しくてたまりません。饒舌なピアノと饒舌なトークw この日は特に、めちゃくちゃいい席だったのです。高島田さんの真横1mの位置からキータッチをガン見です! なんたる幸せ♪ 
3つめはアルビ激励会が終わってから音文に走って最後の2曲だけ聴けたYossy Big Band Sax Section。定員80人の会場に立ち見大勢でした。レナさんの魅惑ヴォイスとハードなサックスアンサンブルがエモいんでございますよ。
古町でラオホビールを飲んでから、4ステージめはふくわうち滋烈亭でのAlone Togetherを。初めて聴くユニットでしたが、男性ジャズヴォーカルが聴きたかったので。スムース&マイルドな美声とオシャレな店内がマッチして、ほどよく酔いが回ってきました。
雪はないけど寒い寒い新潟島。5ステージめはブルーカフェまではるばる移動してNBボッサ。サッカー指導者でもある能登さんのボサノバでヘロロンとしました。ボン子さんのパーカッションも心地いいんだわ、全く。
最高に気持ち良くなったところで、近くの140118_210801でこんな感じで140118_211401ひと息ついてから、もうあと1ステージ。真夜中までジャズ三昧だ!と思って外に出たら雪が猛然と降っていて道が真っ白。たちまち心が折れて、タクシー捕まえて帰宅と相成りました。即興です。ジャズですからね(^_^;)

そんなジャズストの合間にアルビレックス新潟2014激励会
140118_145402 140118_145401
道すがら、神明宮白鳥神社にお詣りしましたよ。

続きを読む "新潟の冬~JazzとアルビとNegiccoと"

| | コメント (0)

2014年1月 6日 (月曜日)

あけましておめでとうございます

140101_1511010001
2014年のたなくじがこう出ましたので、地道にこつこつ、こつこつ、こつこつ~っと遊びまくろうと思います。

はい、では今年の抱負~

アルビレックス新潟Negiccoさんを応援して、温泉と旅とお酒とアートも愛して、元気に強く歳をとる!

今年も去年までとおんなじでした(^_^;)
あ、ジーンズのサイズももう1インチdownを目指しますよっ。

| | コメント (2)

2013年9月11日 (水曜日)

来年からはデンカ・ビックスワン・スタジアム

Cafxf7wi

スワンの命名権が決定しましたね。DENKA電気化学工業株式会社さん、ありがとうございます!
そして、東北電力さん。延長までしてくださってありがとうございました。

電気化学工業さんは基礎化粧品も作っているんですね。
ちょうど化粧水を買い足す時期なので、これはひとつ試してみますかねー。
潤(うるおい)基礎化粧品シリーズというんですね。


買ったら聖籠に持って行って、ウッチーにサインいれてもらおうっと(゜∀゜)


あ、あと、DENKAさんの工場のある青海発で糸魚川上越経由のスタジアム直行バスなんかが出ると、エキサイティングだなーー。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧